現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 管内の概要

管内の概要

管内の概要

旭川開発建設部は、北海道のほぼ中央に位置する4市17町2村からなる地域を所管しており、岐阜県に匹敵する広大な面積を有しています。
管内は、稲作を中心とした農業が盛んな地域であるとともに、豊かな森林資源にも恵まれ、家具、木材・木製品、パルプ・紙などの主要生産地にもなっています。また、動物の行動展示で有名な旭山動物園や美しい自然・農村景観を多く有することから、国内外から多くの観光客が訪れています。

位置・気候

管内は、南北に224.4Kmと細長い形状をしており、中央部には、北海道の屋根といわれる旭岳(2,291m)を主峰とする大雪山系、北には天塩山系と北見山系、南に夕張山系と日高山系が走行し、上川・名寄・富良野の各盆地を形成しています。河川は、北海道の母なる川・石狩川と、朔北の大河・天塩川が流れています。
気候は、冬季と夏季の寒暖差が大きい典型的な内陸性気候で、季節の移り変わりがはっきりとしています。
 

  • 降水量
  • 平均気温

面積・人口

上川管内の人口
面積は、10,619km2(平成28年10月1日時点 全国都道府県市区町村別面積調 国土地理院調べ)、十勝、網走に次いで大きく全道の12.7%を占め、全国の面積に対しても2.8%を占めています。管内の人口は509,984人(平成28年1月1日現在 住民基本台帳人口・世帯数 北海道総合政策部地域主権・行政局市町村課調べ)で全道の9.4%を占め、そのうち67.7%が、旭川市に集中しています。
就業者総数は239,107人(平成22年国勢調査)で全道の9.5%を占めています。 産業別の構成比では、第1次産業が9.5%、第2次産業が16.0%、第3次産業が71.6%、その他2.9%となっています。

農業

農業では上川、名寄、富良野盆地を中心に耕地面積130,700ha(平成27年農林水産統計年報)あり、南北に200kmを超える細長い地域であることから、気象条件に差異があることを反映して、稲作・畑作・酪農・家畜など多彩な経営が行われており、各地域ごとの特色があります。
農家戸数は、7,842戸(平成27年世界農林業センサス)で、北海道全体の17.6%を占めています。
うるち米(ななつぼし、きらら397、ゆめぴりか、ほしのゆめ、おぼろづき)、もち米の稲作を中心に、畑作の小麦、豆類、テンサイ、バレイショ、ソバと野菜類(かぼちゃ、たまねぎ、スイートコーン、にんじん、アスパラガス、ブロッコリー、メロン、スイカ)のほか、旭川市近郊ではミツバ、コマツナなどの茎葉菜類の施設栽培が盛んで、多種多様な作物が栽培されています。また、大区画化されたほ場を中心にGPSガイダンスと自動操舵装置を活用したICT農業など省力化・低コスト化を目指した取組みも行われています。
  • 上川管内の耕地面積
  • 上川管内の農業産出願

林業

上川管内の森林面積
管内は広大な森林資源に恵まれています。平成26年度北海道林業統計によると、管内の森林面積は807,773haで全道の14.6%を占めており、このうち国有林は57.9%となっています。森林蓄積は107,941千m3で、全道の13.7%にあたり、主な樹種はトドマツ、エゾマツ、カラマツ類、カンバ類となっています。
また、生椎茸、なめこ、えのきたけ、舞茸の生産量は、6,153t(平成27年北海道上川総合振興局産業振興部林務課調べ)で、全道の41.2%を占めており、きのこの主要生産地となっています。

商工業

上川管内の工業出荷

工業は、平成26年の工業統計調査によると、事業所数586か所(全道の10.7%)、従業員数12,126人(同7.4%)、工業出荷額2,740億円(同4.1%)となっています。
業種別の工業出荷額は、食料品828億円、パルプ・紙・紙加工品451億円、木材・木製品211億円、家具・装備品105億円で、これらの4業種で管内全体の58.2%を占め、典型的な資源立地型の構造になっています。
豊富な森林資源に恵まれていることから、木材・木製品やパルプ・紙・紙加工品などの木材関連製造業が中核の一つとなっています。中でも、旭川家具は優れたデザイン性と機能面から国内有数の地域ブランドとして定着しており、全国に販路を広げるとともに海外へも輸出され、特徴ある地場産業となっています。
商業は、平成26年の経済センサス(基礎調査)によると、卸売・小売業は5,721事業所(全道の9.8%)、従業員数45,670人(同9.4%)、年間販売額1兆765億円(同7.2%)となっています。

観光

旭岳や十勝岳などからなる大雪山国立公園は美しい自然が多く残されており、周辺に層雲峡(上川町)、旭岳・天人峡(東川町)、白金(美瑛町)、十勝岳(上富良野町)などの温泉地を有し、旭山動物園や富良野のラベンダー畑、美瑛の丘の景観などの全国的にも人気のある観光地があります。
 観光入込客数は、1,946万人(平成27年度北海道観光入込客数調査)であり、季節別では、大自然の景色、花や丘陵の織りなす風景などを楽しむことができ、カヌー・ラフティング・キャンプといった体験型観光も楽しむことのできる夏季に集中していますが、冬季も旭川冬まつりや層雲峡氷瀑まつりなどのイベントに多くの人が訪れており、富良野やトマムには、国内外からスキー、スノーボード客が訪れています。
また、近年、雄大な自然景観を背景に道幅が広く、交通量や信号が少ない道路を快適に走れることからサイクリングを楽しみに訪れる方が国内外から非常に増えています。
訪日外国人宿泊数は、ここ数年の増加が顕著であり、平成27年度は58万人でした。また、宿泊延数は71万9千人となり、いずれも過去最高となっています。中でも、台湾、中国を中心とした東アジアの観光客が多く訪れています。
  • 上川管内の観光入込客数

管内市町村の概要

  • 管内市町村の概要
「面積」は平成28年10月1日現在全国都道府県市区町村別面積調(国土地理院調べ)、
「人口」は平成28年1月1日現在住民基本台帳人口(北海道総合政策部地域主権・行政局市町村課調べ)。

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 管内の概要