現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 都市住宅課
  3. まちづくりメールニュース
  4. 施策紹介

施策紹介

施策紹介

平成25~30年度発行分は、以下の各号のリンクから閲覧できます。(PDF形式)
(平成13~24年度発行分の閲覧をご希望の場合はこのページ末尾の問合せ先までご連絡ください。)

  ○官民連携による「空き家所有者情報」のさらなる活用を促進!

  ○低未利用土地の有効かつ適切な利用を促進!

  ○豊かで活力のある地域づくりに向けて(平成30年度国交省まちづくり関係予算)

  ○官民連携まちづくり・民間まちづくり活動の促進に向けて

  ○ 「都市のスポンジ化」への対応方策を発表
  ○ 地域金融機関と連携して民間まちづくりを支援します

  ○ 下水道関連革新技術の導入に向けたガイドライン(案)等が続々

  ○景観まちづくりで何ができる?
 

  ○空き家・空き店舗等の再生による地方創生を推進
  ○歩いて暮らせるまちづくりで健康増進 医療費抑制も
  ○民間事業者との連携による空き家の利活用を促進

  ○空き家を高齢者や子育て世帯等の賃貸住宅に活用
   ~住宅セーフティネット法改正案が閣議決定~
  ○緑空間の保全・活用で潤いのある豊かなまちづくりを
   ~「都市緑地法等の一部を改正する法律案」閣議決定~

  ○(1)コンパクト!(2)子育てから高齢者まで!(3)地域の個性発揮!
   ~平成29年度国交省まちづくり関係予算~
  ○開発許可制度の運用を弾力化!
   ~市街化調整区域の古民家を活用した観光振興や移住・定住促進が可能に~
  ○平成28年度「手づくり郷土賞」が決定!
   ~道内からキウシト湿原(登別市)の保全と活用の取組が受賞~
  ○「緑による建物の魅力アップガイド」を作成しました
   ~建物緑化のススメと成功事例の紹介~

  ○都市再生特別措置法の一部を改正する法律が施行(9月1日より)

  ○「立地適正化計画」とは?
   ~コンパクトシティ・プラス・ネットワークを推進~

  ○特定都市域において最大+300%
   宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度の創設

  ○空き家対策で財政上の支援制度・税制上の特例措置
  ○「誰もが安心して心豊かに住み続けられるまち・地域」に向けて
    ~北海道が「北の住まいるタウン」の基本的な考え方(素案)への意見募集中~

  ○今後10年間の住宅政策の指針が決定
  ○自治体と人材が一緒になって行うまちづくりを支援

  ○平成27年度「手づくり郷土賞」が選定されました

  ○「都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案」を閣議決定

  ○ 国総研HPに「歴史まちづくり情報サイト」が開設
  ○ 遊休不動産を再生してエリア価値の向上を

  ○空家等対策のためのガイドラインができました

  ○コンパクトなまちづくりに向けた市町村支援について

  ○道内6箇所の重点「道の駅」候補へ選定証授与

  ○平成26年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」の受賞

  ○北海道屋外広告物条例等が一部改正されました

  ○「下水道産の作物」を美味しく料理
  ○道内から4事業が「公的賃貸住宅長寿命化モデル」に採択

  ○都市再生特別措置法等の一部を改正する法律が施行されました

  ○PPP/PFIによる公営住宅の整備を支援します

  ○社会資本整備総合交付金等活用パンフレットをリニューアルしました

  ○平成25年度「手づくり郷土賞」が選定されました

  ○平成25年度耐震対策緊急促進事業について

  ○住宅関連税制とすまい給付金について

  ○建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律について

  ○「社会資本整備総合交付金等活用パンフレット」のリニューアル

  ○津波防災まちづくりの計画策定に係る指針の策定について

  ○官民連携のまちづくり

  ○『地域除雪活動☆実践ガイドブック』の公表

  ○「宅地の液状化被害可能性判定に係る技術指針(案)」について
  ○建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案について
  ○栗山町が景観行政団体になりました

メールニュースの送信をご希望される方は、下記の問合せ先(まちづくり相談窓口)にご連絡ください。

分野別掲載記事

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 都市住宅課
  3. まちづくりメールニュース
  4. 施策紹介