現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 21世紀の港湾ビジョン
  4. 1.概要

1.概要

ページ内目次

1.概要

  北海道開発局港湾空港部では、おおむね10~15年後の北海道港湾の将来像を示す「21世紀の北海道港湾ビジョン」を策定しました。
 本ビジョンの作成にあたっては、道内各港湾管理者の方々と、北海道港湾連絡会議等を通じて意見交換を行うとともに、有識者や学識経験者を中心とした北海道港湾ビジョン懇談会で検討を行いました。さらに、広く様々な方からのご意見を伺うため、パブリックコメント(意見募集)を実施しました。
 四方を海に囲まれた北海道においては、経済活動や生活に必要な物資の輸送の拠点である港湾の役割は大きなものがあります。また、北海道の港湾は、産業の立地する場、観光の場、あるいは離島の日常生活の玄関口など、様々な役割を果たしております。
 北海道の港湾におけるこれらの役割は、今後とも変わることなく重要であるとともに、21世紀を迎えて、時代の変化に伴い寄せられる新たなニーズに対応していくことが必要となっています。
 本ビジョンでは、北海道港湾の基本的役割を「日本の暮らしを支える」「北海道の自立を支える」「新世紀の日本と北海道を先導する」ものと捉え、1. ネットワーク機能の強化、2. 地域の活性化と個性の発揮、3. 暮らし・自然・景観との融合、4. 安全・安心な暮らしの実現を4つの基本目標とした港湾の将来像を示しました。
 本ビジョンが北海道の港湾に関わる様々な取り組みの指針となり、日本の暮らしと北海道の自立を支え、先導的な役割を果たす北海道港湾の実現に向かうことを期待しております。
 

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課 調査係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5617)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 21世紀の港湾ビジョン
  4. 1.概要