現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 中標津空港

中標津空港

ページ内目次

中標津空港

地域の発展に寄せられる期待

  • 中標津空港
 北海道東端の根室管内は札幌や東京といった都市部から遠く、鉄道のないこの地域において、高速交通手段としての航空路線に寄せられる期待は非常に大きいものです。
 中標津空港では待ち望まれたジェット化と東京路線の開設が平成2年に実現し、平成9年には2,000m滑走路を供用開始しました。これにより、地域の経済、産業、文化に一層大きく貢献しています。
〈概況〉 〈沿革〉
設置管理者: 北海道
位置: N43°34’39”
E144°57’36”
標高: 65.2m
面積: 116ha
着陸帯: 2,120m×300m C級
滑走路: 2,000m×45m LA-2
誘導路: 190m×30m
エプロン: 18,150㎡ MJ2、SJ1
航空保安施設等: ILS CATⅠ 08
駐車場: 389台
ターミナルビル: 3,819㎡
運用時間: 8:30~18:30
昭和40年7月 中標津空港開港
(滑走路1,200m)
昭和48年8月 北海道へ移管
平成元年7月 新滑走路供用(1,200m)
平成2年7月 滑走路延長(1,800m)
平成9年3月 滑走路延長(2,000m)
平成20年4月 旅客ターミナルビル増改築
  •  〈アクセス〉

    〈アクセス〉

空港関連情報

リンク(他のサイトへ移動します)


お問合せ先

港湾空港部 空港・防災課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5630)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 中標津空港