現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 女満別空港

女満別空港

ページ内目次

女満別空港

オホーツク圏の空の大動脈

  • 女満別空港
 女満別空港は、昭和60年度に旧空港から現在の場所へ移転し、ジェット化空港として生まれ変わりました。網走市と北見市を中心とした地域の航空輸送量はこれにより大きな伸びを示し、道内空港中でも上位にランクされるに至っています。
  その後、好調な航空需要に対応するため、大型機が就航可能な2,500m滑走路が平成12年2月に供用開始となり、近年は世界自然遺産に登録された知床半島の玄関口に位置する空港として、多くの観光客に利用されています。
〈概況〉 〈沿革〉
設置管理者: 北海道
位置: N43°52’50”
E144°09’51”
標高: 33.1m
面積: 167ha
着陸帯: 2,620m×300m B級
滑走路: 2,500m×45m LA-1
誘導路: 3,167m×9~30m
エプロン: 79,002㎡ LJ3、ML2、SJ1、S10
航空保安施設等: ILS CATⅠ 18
ILS CATⅠ 36
駐車場: 761台
ターミナルビル: 8,930㎡
運用時間: 8:00~21:00
昭和10年 気象観測用飛行場設置
昭和17年 旧海軍飛行場
昭和27年 米軍接収(昭和33年まで)
昭和36年4月 北海道へ移管
昭和38年 女満別空港開港
(滑走路1,200m)
昭和60年4月 新女満別空港開港
(滑走路2,000m)
平成12年2月 滑走路延長(2,500m)
平成18年3月 ターミナルビル増改築
平成20年11月 36側ILS供用開始
(ILS双方向化)
  • 〈アクセス〉

    〈アクセス〉

空港関連情報

リンク(他のサイトへ移動します)


お問合せ先

港湾空港部 空港・防災課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5630)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 女満別空港