現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 利尻空港

利尻空港

ページ内目次

利尻空港

北の離島観光がより身近に

  • 利尻空港
 稚内からフェリーで西へ約1時間半の海上にある利尻島は、中央に美しい利尻山(標高1,721m)がそびえる観光と漁業の島です。
 利尻島民の重要な生活基盤施設である空港は、同時に観光振興による地域経済活性の鍵となる存在の一つです。そこで、島への観光客数の増加に対応し、ジェット機の就航を可能とすべく、平成11年6月に滑走路が1,800mに延長整備されました。
〈概況〉 〈沿革〉
設置管理者: 北海道
位置: N45°14’31”
E141°11’15”
標高: 30.1m
面積: 66ha
着陸帯: 1,920m×150m C級
滑走路: 1,800m×45m LA-2
誘導路: 197.5m×23m
エプロン: 12,750㎡ SJ2、S1
航空保安施設等: LLZ、VOR/DME
駐車場: 124台
ターミナルビル: 1,936㎡
運用時間: 9:00~17:00
昭和37年8月 利尻空港供用開始
(滑走路600m)
昭和49年5月 滑走路延長(800m)
昭和51年3月 北海道へ移管
昭和59年11月 新ターミナルビル完成
平成4年 滑走路延長事業着手
平成9年4月 新滑走路供用(800m)
平成11年6月 滑走路延長(1,800m)
  • 〈アクセス〉

    〈アクセス〉

空港関連情報

リンク(外部サイトへ移動します)


お問合せ先

港湾空港部 空港・防災課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5630)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 利尻空港