現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 道路計画課
  3. 道路IRサイト
  4. 基礎データ 渋滞状況

基礎データ 渋滞状況

北海道における渋滞の現状

道内では、主に6圏域中心都市周辺で、未だ全国の平均渋滞損失時間を大きく上回る渋滞が発生している。

北海道のキロメートルあたり渋滞損失時間(H17) (図1)
  • 渋滞損失時間
※旅行速度からの北海道開発局における試算値
キロメートルあたり渋滞損失時間の全国比較 (図2)
  • 渋滞損失時間の全国比較
※国道・道道を対象

積雪寒冷の気候を有する北海道では、雪山による車道有効幅員の減少などにより交通環境が悪化し、札幌市内の冬期における旅行速度は3大都市圏とほぼ同程度まで低下している。

3大都市圏及び全国との旅行速度の比較 (図3)
  • 旅行速度の比較
※道路交通センサス及び冬期道路交通センサスより
全国・北海道におけるDID旅行速度(道道以上) (図4)
  • DID旅行速度
資料:H11道路交通センサス
DID(人口集中地区)
  1. 平成2年国勢調査区を基準単位地域とし、
  2. 市区町村の境界内で人口密度の高い調査区(原則として人口密度が約4,000人/平方キロメートル以上)が隣接して、
  3. それらの地域の人口が平成2年国勢調査時に人口5,000人以上を有する地域
をいいます。

お問合せ先

建設部 道路計画課 調査第2係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5366)
  • ファクシミリ:011-757-3270

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 道路計画課
  3. 道路IRサイト
  4. 基礎データ 渋滞状況