現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 治水への取り組み
  4. 北海道の海岸事業
  5. 胆振海岸保全施設整備事業

胆振海岸保全施設整備事業

胆振海岸保全施設整備事業

人工リーフと緩傾斜護岸により被害を軽減するとともに砂浜を復活し、水産資源を増やします

 苫小牧市、白老町に位置する胆振海岸では、直立の堤防を設置することで侵食や浸水に対応してきました。しかし、甚大な災害が後をたたないため抜本的な対策が必要とされ、昭和63年度に国による直轄海岸事業として採択されました。
 これまでの直立の堤防では、ぶつかった波が反射して前浜を削るため、堤防自体が壊れる危険性がありました。そこで、胆振海岸では、人工リーフと緩傾斜護岸による面的防護を採用しました。南の島のさんご礁(リーフ)上では波が砕けて力が弱まり、岸に寄せる波が静穏になります。その原理を人工的に作り出したのが、人工リーフです。
 人工リーフの整備により、リーフと海岸線の間に静穏な海域ができ、砂浜の復活とともに水産資源の増殖効果も期待できます。
  • 人工リーフの設置 人工リーフの設置
  • 胆振海岸緩傾斜護岸 胆振海岸緩傾斜護岸

お問合せ先

建設部 河川計画課 土砂災害警戒避難対策係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5836)
  • ファクシミリ:011-709-2144

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 治水への取り組み
  4. 北海道の海岸事業
  5. 胆振海岸保全施設整備事業