現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 水産課
  3. 北海道マリンビジョン -マリンビジョンニュース- メールマガジン
  4. 第17号

第17号

北海道マリンビジョン メールマガジン 第17号

Hokkaido MarineVision Mailmagazine Vol.17--------------------Date.H23.1.6
 北海道マリンビジョン メールマガジン 17号

□目次□
▼「北海道マリンビジョン21コンテスト2010」の募集中!
              ・・・・北海道マリンビジョン21促進期成会事務局(羅臼町)より

▼「漁業地域の減災計画策定講習会」の開催

▼「根室さんまロール寿司」を食して!


------------------------------------------------------------------------
▼「北海道マリンビジョン21コンテスト2010」の募集中!
               ・・・・北海道マリンビジョン21促進期成会事務局(羅臼町)より
 
 平成22年11月19日~平成23年1月14日の期間、「北海道マリンビジョン21促進期成会」では、
各地域マリンビジョンの取り組みの更なる推進や他地域への普及を図るため、「北海道マリンビ
ジョン21コンテスト2010」を行い、各地域の優れた取り組みを募集しておりますので、お知らせ
いたします。
 
 北海道開発局では、将来にわたって全国の水産食料基地としての北海道の大切な役割を守り
育てていくため、活力ある北海道の水産業と漁村の将来像を示した「北海道マリンビジョン21」を
平成16年6月に策定しました。
 これを踏まえて、各地域においては、市町と漁業協同組合等が中心となって、漁業者だけでな
く様々な地域の関係者により、水産業を核とした地域振興方針となる「地域マリンビジョン」を策
定しています。
 現在、全道29地域で地域マリンビジョンが策定されており、各地域では、衛生管理の強化、ブ
ランド化、水産物オーナー制度、食育、海の森づくり、水産業と観光の連携などの様々な取り組
みが行われています。
 地域マリンビジョンを策定した市町と漁業協同組合は、北海道マリンビジョン21促進期成会を
結成して、魅力ある漁業地域づくりを促進するため、各地域間の情報交換・交流、広報活動を行
っています。
 なお、募集の対象としましては、以下のとおりです。
  1)個別取り組み部門:対象は、地域マリンビジョンの策定地域
    ・地域マリンビジョンの策定を通じて開始又は発展された取り組みであり、地域マリンビジョ
     ンの実現に貢献し、他地域への波及と持続性が期待される取り組み。

  2)総合部門:対象は、モデル地域(地域マリンビジョン策定地域の内、13地域)
    ・モデル地域の内、計画された取り組みが着実に実行され、地域マリンビジョンの総体とし
     て、特に他地域のモデルとなることが期待される地域。


------------------------------------------------------------------------
▼「漁業地域の減災計画策定講習会」の開催

 平成22年11月29日(月曜日)、札幌第1合同庁舎2階講堂において、北海道と北海道開発
局の共催による「漁業地域の減災計画策定講習会」を開催し、道内の漁業地域を有す
る市町村や各漁業協同組合等、約100名が参加されました。

 水産庁では、平成18年3月に災害に強い漁業地域づくりを推進するため、漁業地域の
防災・減災対策を進める上での基本的な考え方として「災害に強い漁業地域づくりガイド
ライン」を示しています。

 今般、災害による被害の最小化(減災)を目標として、各々の漁業地域が減災のために、
どの様な対応や対策を取るべきかといった行動計画(減災計画)を自主的に検討・策定
できるよう「漁業地域の減災計画策定マニュアル」及び「水産物産地市場の減災計画策
定マニュアル」が水産庁から示されたところです。


 これを受けて、北海道及び北海道開発局としても、本マニュアルの普及・啓発を通して、
防災・減災に取り組む漁業地域が、災害に対する意識の向上や減災対策の強化に繋げ
てもらいたく、本講習会の開催を行いました。

 水産庁漁港漁場整備部防災漁村課水産施設災害対策室の岡室長及び同課の内山課長
補佐、(財)漁港漁場漁村技術研究所の不動次長の3名より「漁業地域の減災計画策定マニ
ュアル」について、概要説明及び減災計画策定までの具体例等について講演を頂きました。
引き続き取組事例として、函館開建江差港湾事務所の上田課長からは青苗漁港における事
例を、北海道漁港漁村課の宇佐見主任からは漁港海岸事業の事例紹介を、そして落石漁業
協同組合の長山専務理事からは漁船向け津波避難基準を独自で定めた先進事例として具
体的な地元での活動状況等を発表していただきました。更には、北海道危機対策課の城野
主査より津波ハザードマップ等についてと題して報告を頂きました。


 それぞれ講演等の発表に対して、時間が足りないほどの質疑応答がなされ、各地域での災
害に対する意識の高さが思い知れました。


------------------------------------------------------------------------
▼「根室さんまロール寿司」を食して!

 先日、私用で根室に行った際に「根室さんまロール寿司」を食べてきました。
この「根室さんまロール寿司」とは、落石地域MV協議会と歯舞地域MV協議会の協働により
開発された「昆布ロール寿司」のことです。
 
 落石・歯舞の両地域MV協議会では、「食べる昆布」の食習慣を北海道でも普及・定着させよ
うという思いが強まり、根室産のサンマを根室産の棹前昆布で巻いた根室ならではの巻き寿司
が開発されています。

 この「根室さんまロール寿司」には定義や10のルールがあり、子供から大人まで美味しく食せ
て、我が家族では幼稚園児の子供までがおかわりをせがむ程でした。

 市内8箇所でこの「根室さんまロール寿司」が食べられます。是非、お立ち寄りの際にはご賞
味してみて下さい。


------------------------------------------------------------------------
□編集後記□
 新年明けましておめでとうございます。
昨年は、サンマ水揚げ時期の前半がかなりの低調ぶりだったり、オホーツク海網走以北の
秋サケの水揚げ量は記録的な豊漁だったりと、浜間格差が際だつ年でした。
今年は、魚種・漁場に問わず豊漁となり、強いては道内水産業の発展を期待したいと思い
ます。

 今年も引き続き、皆様からのホームページやメールマガジンで取り上げて欲しい事項を
お待ちしておりますので、お気軽に下記までご連絡ください。
------------------------------------------------------------------------
□発行□
 北海道開発局 農業水産部 水産課
  〒060-8511 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎13F
  http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_gyoko/index.htm
  本メールマガジンに関するご意見・ご要望、また、配信申込み、配信中止等
 はこちらのアドレスで受け付けております。
  e-mail:suisan@hkd.mlit.go.jp

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 水産課
  3. 北海道マリンビジョン -マリンビジョンニュース- メールマガジン
  4. 第17号