現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 工務課
  3. 冬のドライブミニガイド:ポイント1

冬のドライブミニガイド:ポイント1

ポイント1:滑りやすい圧雪・凍結路面を知る

冬道における安全運転のポイント
冬道は、路面の凍結・積雪または降雪による視野の制限など、平常時に比べると事故が起きることが多くなります。冬道の特徴と、注意すべきポイントをまとめましたので安全運転にお役立てください。
  • ポイント1タイトル

(ポイント1: 冬の事故で最も多いスリップ事故を防ぐ)すべりやすり圧雪・凍結路面を知る

交差点とその周辺の注意
●交差点とその周辺の注意
交差点は車から発生する熱で路面の雪氷が解けて、表面に水が浮き非常に滑りやすい状態になります。解けているからといって油断はできません。
急ブレーキの危険性と注意
●急ブレーキの危険性と注意
気温が下がると圧雪や凍結路面での急ブレーキは、摩擦熱でタイヤとの間に水滴ができるため、滑りやすくなります。
わだちのある路面に注意
●わだちのある路面に注意
わだちのある路面では、タイヤがわだちにとられて横滑りしやすくなります。
小さくて見えにくい凹凸に注意
●小さくて見えにくい凹凸に注意
小さい凹凸でも、車輪にさまざまな方向から力が加わり、急に横滑りやスピンに見舞われることがあります。
橋や高架道路の注意
●橋や高架道路の注意
上下から冷やされるため、他の路面が乾いていてもそこだけ凍ってブラックアイスになっていることがあります。
トンネルの出入り口付近の注意
●トンネルの出入り口付近の注意
日陰になっていることが多いので、路面が凍ってブラックアイスになっていることが多くあります。

お問合せ先

工務課

  • 住所:小樽市潮見台1丁目15番5号
  • 電話番号:0134-33-0525(代表)

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 工務課
  3. 冬のドライブミニガイド:ポイント1