現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 地域の情報|管内の概要

地域の情報|管内の概要

位置・気候

当部管内は、後志地方(北海道南西部)に属します。北部から西部にかけては、日本海に囲まれ、東部は大都市札幌に接し、中山峠を経て羊蹄山から洞爺湖に通じる地域であり、 南部は渡島半島に接しています。
気候は、春から夏にかけては温暖で晴天の日が多く、過ごしやすい地域です。しかし、秋から冬にかけては北西季節風の影響を受け、風雪が強く、日本海側は波浪が激しくなり、内陸側は積雪が多くなります。特に羊蹄山麓は道内屈指の豪雪地帯であり、雪解けは4月中旬過ぎとなります。

面積・人口

管内の総面積は4,305.88平方キロメートル(平成28年10月1日現在全国都道府県市区町村別面積調)1市13町6村があり、総人口は、215,931人(平成28年12月末現在住民基本台帳)です。

農業

後志の農家人口グラフ
管内の農業は、水稲、畑作物をはじめ、野菜、果樹、畜産など多岐にわたる生産が行われています。なかでも、ぶどう、りんご、さくらんぼ、食用ゆり、ミニトマトは振興局別で全道1位、生食用馬鈴しょ、すいか、メロンが全道2位、だいこんが全道3位の作付面積となっています。
管内の耕地面積は35,100ヘクタール(農林水産省作物統計H27)、農業従事者は5,574人(世界農林業センサス2015)となっています。
「北海道後志総合振興局 後志の農業2016」

林業

管内の森林面積は、33.30万ヘクタールで全道の約6.0%を占め、そのうち国有林が48.8%、民有林が51.2%となっています。
総蓄積量は33,197千立方メートルで全道の4.2%、樹種別蓄積では、針葉樹(トドマツ、カラマツなど)が10,341千立方メートルで31.2%、広葉樹(ナラ、力ンバ、カエデ、ブナなど)が22,856千立方メートルで68.8%と、広葉樹が約70%を占めています。なかでもブナの自生林は北限とされています。
「平成27年度北海道林業統計」

水産業

後志の漁業生産高魚種別構成のグラフ
管内の漁業は、かつてはニシン、現在はホッケ、スルメイカ、ナマコ等の漁獲により支えられているが、近年は、周辺海域における磯焼けの進行や水産資源の減少、さらにはトド等による海獣被害が深刻化しており、漁業生産の低迷が続いています。
こうしたなか、漁業者らを中心とした藻場の再生活動、ヒラメやニシン等の種苗放流、力キやホタテ養殖など水産資源の維持・増大に向けた取組みが精力的に行われ、一部地域では藻場の回復やニシンの漁獲量が増加するなど明るい兆しが見えつつあります。
平成27年度の漁業生産高は数量で約23千トン(全道の約2.3%)、金額では約97億円(全道の約3.1%)です。
「北海道水産林務部平成27年北海道水産現勢」

商工業

管内の商業は、事業所数が2,403店で全道の5.6%となっています。小売業の販売額は約1,908億円で全道の3.9%、このうち小樽市が61.1%、続いて余市町が10.8%、倶知安町の8.2%、岩内町の6.1%の順となっており、この1市3町で全体の86.2%を占めています。
「平成24年経済センサス 活動調査」
管内の工業は、事業所数が368事業所で全道の6.6%を占め、製造品出荷額等は約2,183億円で全道の3.4%、このうち小樽市が75.5%、岩内町が5.3%、余市町が4.1%、共和町が2.6%、古平町が2.6%の順となっており、この1市4町で全体の90.1%を占めています。製造品出荷額等を産業別構成比でみると、食料品製造業が48.4%と最も大きく、次いで飲料・たばこ・飼料製造業15.3%、パルプ・紙・紙加工品製造業6.3%、金属製品製造業5.7%、プラスチック製品製造業5.6%の順となっています。
「工業統計調査(平成25年調査)」

観光

後志管内市町村別観光入込客数の地図
管内は、支笏洞爺国立公園の羊蹄地区、ニセコ積丹小樽おたる海岸国定公園、狩場茂津多道立自然公園を有し、国内外から年間約2,000万人以上の観光客が訪れる本道を代表する観光地となっています。
ニセコ地区では、良質なパウダースノーを楽しめることから、オーストラリアをはじめ、香港、台湾、シンガポールなどからの観光客が急増し、外国人宿泊客延数は年々増加傾向にあります。
平成27年度の観光客の入込客数は、前年度に比べて9.5%増の約2,300万人(全道の16.3%)、外国人宿泊客延数は前年度に比べて27.0%増の約88万人(全道の14.3%)となっています。
「後志総合振興局管内観光入込客数調査(平成27年度)」
訪日外国人宿泊客延数のグラフ

お問合せ先

地域振興対策官

  • 住所:小樽市潮見台1丁目15番5号
  • 電話番号:0134-23-8035(地域振興対策室長) 0134-23-0581(地域振興対策に関する窓口)

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 地域の情報|管内の概要