現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 石狩川水系河川整備計画
  5. 新しい河川整備の計画制度について

新しい河川整備の計画制度について

新しい河川整備の計画制度について

新しい河川整備の計画制度について
河川法の改正
 明治29年の河川法制定によって近代河川制度が誕生し、昭和39年に治水、利水の体系的な制度の整備が図られ、今日の河川行政の規範としての役割を担ってきました。
 しかしながら、近年の国民の環境に対する関心の高まりや地域の実状に応じた河川整備の必要性等を踏まえ、平成9年の河川法の改正では、環境の整備と保全を河川法の目的に位置付け、地域の意見を反映した河川整備の計画制度が導入されることになりました。
  • 河川法の改正
河川整備の計画制度
■河川整備基本方針(長期的な方針)
 計画高水流量等の基本的な事項について、河川管理者が社会資本整備審議会の意見を聴いて定めます。
■河川整備計画(具体的な整備の計画)
 河川工事等の具体的な整備の計画について、河川管理者が学識経験者、地域住民、地方公共団体の長等の意見を反映させて定めます。
  • 改正前と改正後の計画制度

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 石狩川水系河川整備計画
  5. 新しい河川整備の計画制度について