北海道開発局
サイト内検索
Loading
詳細の検索 検索の仕方
  目的から探す 組織から探す 文字を大きくするには
総合 開発行政・各種情報 入札・契約・仕様書等 まちづくり・環境・用地 防災・技術・機械・通信 河川 道路 港湾・空港 農業・水産 官庁営繕

河川>>沙流川


沙流川
日高山脈の原生林を流れ、駿馬の里をうるおす川
地図を見る

 沙流川は、その源を北海道沙流郡日高山脈に発し、千呂露川などを合わせ、日高町市街部を出て更に渓谷を流下して平取町に入り、額平川などを合わせ、門別町において太平洋に注いでいます。
 流域は早くから農耕馬や軍馬の生産地として栄え、近年ではサラブレッドなど軽種馬の全国一の産地となっています。
 上流部では豊かな森林に囲まれた渓谷の中を流れ、特に日勝峠付近のエゾマツやトドマツの原生林は「沙流川源流原生林」として国の天然記念物に指定されています。
 また、サケやマス、シシャモがのぼる川としても知られ、豊かな自然の恵みを背景に、古くからアイヌ民族が住み、その文化は今日の流域社会に深く結びついており、チプサンケ(船おろしの儀式)等地域文化と関わりのあるイベント等も行われています。
名前の由来、山田秀三著「北海道の川の名」から引用  サル(sar葭原)の意。川口から平取市街のあたりまでの、今は水田になっているあたりは一帯のsarであったからその名がでたのだろうか。なおもっと上に上ってもPoro・sar(大・葭原、幌去)の地名も残っている。
 沙流川の川口の街は今は富川であるが、少し前までは佐留太と呼ばれていた。Sar-putu(沙流川の・その川口)の意である。
源流 日高山脈の北部、日高町と清水町との境界にある熊見山(標高1,175m)
流域面積 約1,350km2
本流の長さ 約104km
流域内市町村名 <2町>
日高:日高町、平取町
流域内市町村人口 約1万9千人(平成22年国勢調査)
もっと詳しくは 室蘭開発建設部 http://www.mr.hkd.mlit.go.jp/
このページの掲載内容に関するお問い合わせ
建設部 河川計画課 企画係
■電話 011-709-2311(内線5327) ■FAX 011-709-2144

国土交通省
  北海道開発局
〒060-8511 札幌市北区北8条西2丁目第1合同庁舎 案内図  TEL 011-709-2311(大代表)
Ministry of Land,Infrastructure and Transport and Tourism Hokkaido Regional Development Bureau
国土交通省
プライバシーポリシー等  ご利用に当たって