北海道開発局
サイト内検索
Loading
詳細の検索 検索の仕方
  目的から探す 組織から探す 文字を大きくするには
総合 開発行政・各種情報 入札・契約・仕様書等 まちづくり・環境・用地 防災・技術・機械・通信 河川 道路 港湾・空港 農業・水産 官庁営繕

河川>>石狩川治水史>>石狩川治水史(6-1)



川と人との物語 前編へ
第2回石狩川治水史
川とその流域を一つの生きた環境としてとらえる――川に関する考え方の転換


「カムバックサーモン」運動
 1979年9月10日、豊平川の豊平橋上流で、銀色の鱗を踊らせる体長60センチのサケが発見された。サケたちは、北太平洋を遠くアリューシャン列島からベーリング海まで数年間の旅をし、母なる豊平川に産卵のために帰ってくる。この年には「カムバックサーモン運動」により、32年ぶりに稚魚の放流が行われているが、もちろんそのサケが戻ってきたわけではない。稚魚の放流が中止されていた間にも、サケたちは人知れず豊平川に遡ってきていたのだろう。

 これが「25年ぶり、豊平川にサケ戻る」と新聞に報道されてから、カムバックサーモン運動は市民の間に急速な広がりを見せた。サケよ帰れということは、サケの戻れるようなきれいな川に戻そうということである。しぶきを上げて遡上した一匹のサケは、市民の自然環境に対する意識を一気に高めたといっていい。



豊平川で行われた「サケ稚魚体験放流」(2004年春)

 もともと豊平川に限らず、石狩川本流とその支流は、たくさんのサケが遡上する川だった。アイヌの人びとが「神の魚」と呼んだように、サケはもっとも重要な食料として大切にされてきた魚なのである。それが遡上しなくなったのは、工業廃水や生活排水によって、水質が悪くなってしまったことが一つの要因である。市民の環境意識の高まり、農民や漁民が反公害闘争などが後押しとなり、1971年には公害関連14法が成立した。これによって、水や排水の流入が減って、石狩川の水質は徐々に回復し、それを喜ぶようにサケたちが戻ってきたのである。

 いま、豊平川には毎年20万匹の稚魚が放流され、数千尾の親魚の回帰が見られる。また、2003年は606カ所の産卵床が確認されており、自然産卵由来の稚魚の浮上も確認された。

 「豊平川概設床止工の魚道設置」魚道ができる前の床止工、床止工の中央に魚道を設置



5_2ページへ


6_2ページへ
石狩川治水史トップへ戻る

このページの掲載内容に関するお問い合わせ
建設部 河川計画課 企画係
■電話 011-709-2311(内線5327) ■FAX 011-709-2144

国土交通省
  北海道開発局
〒060-8511 札幌市北区北8条西2丁目第1合同庁舎 案内図  TEL 011-709-2311(大代表)
Ministry of Land,Infrastructure and Transport and Tourism Hokkaido Regional Development Bureau
国土交通省
プライバシーポリシー等  ご利用に当たって