現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 農業農村整備事業(旭川開発建設部)
  4. 農業農村整備事業
  5. 国営施設応急対策事業(てしおがわ剣和地区)

国営施設応急対策事業(てしおがわ剣和地区)

てしおがわ剣和地区

image.jpg
国営施設応急対策事業

~安心・安全な食料の安定供給のために~

事業の目的

image1.jpg
剣和幹線用水路(昭和58年完成)
 本地区の基幹的な農業水利施設は国営天塩川上流土地改良事業(S42~S61)により造成されました。
幹線用水路においては水路側壁の倒壊等の不測の事態が発生し、農業用水路の安定供給に支障をきたしているとともに、施設の維持管理費に多大な費用と労力を要しています。

 このため、幹線用水路の機能を保全するための整備を行うことにより、農業用水の安定供給及び施設の維持管理の軽減を図り、農業生産性の維持農業経営の安定を目的としています。

事業概要

itizu.jpg
 受益面積    4,215ha   
 関係市町  北海道士別市、和寒町、剣淵町
 主要工事  用水路(改修)1条 L=12.7Km
 主要作物  水稲、小麦、小豆、かぼちゃ、そば、ばれいしょ、キャベツ
  • image2.jpg
  • image4.jpg

施設の状況

 現施設は造られてから約30年が経過し、剣和幹線用水路の一部で側壁(用水路の壁部分)が倒れ、トンネルでは覆工天端部(トンネルの天井部分)に縦方向にひび割れなどの不測の事態が発生し、農業用水の安定供給に詩使用をきたした状況にあります。
剣和幹線用水路(開水路)
  • image5.jpg 側壁が倒れて用水が流れません
  • image6.jpg 側壁に凍害ひび割れ・欠損・剥落が発生
剣和幹線用水路(トンネル部)
  • image7.jpg 覆工天端部のひび割れ
  • image9.jpg つなぎ目から湧水が発生

事業の必要性

 不測の事態が発生している用水路を、安定した用水を供給し・農業生産性の維持及び農業経営の安定のため、整備が必要です。

お問合せ先

旭川開発建設部 名寄農業開発事業所

電話 01654-3-4637


現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 農業農村整備事業(旭川開発建設部)
  4. 農業農村整備事業
  5. 国営施設応急対策事業(てしおがわ剣和地区)