現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 国営農地再編整備事業 (富良野盆地地区)

国営農地再編整備事業 (富良野盆地地区)

富良野盆地地区

title_pic.gif
国営農地再編整備事業

地区概要

furanobonnti13.jpg
関係市町村  富良野市,中富良野町
 受益面積   1,943ha
 主要工事   区画整理 1,943ha
       農地造成   274ha
       用水路1条、L=0.8km 排水路4条、L=3.1km
       道路1条、L=2.8km
 主要作物  水稲、たまねぎ、大豆、にんじん等    

事業目的

  稲作を主体として畑野菜との複合経営による低コスト農業の実現を目指し、中小規模個別経営から大規模な集落営農組織への移行によって、スケールメリットを生かした稲作畑野菜複合経営の確立を図るため、ほ場の大区画化及び水田の地目変換による畑地化を一体的に施工し、農業の振興を基幹とした地域の活性化を目的とします。

地区の現状

 富良野盆地地区は、中富良野町と富良野市に位置する水田地帯であり、狭小なほ場区画と土壌に起因する排水不良な湿田となっていることから、効率的な稲作複合経営を展開するうえで支障をきたしている。 地区農家の経営規模は、戸当り平均約9.5haと中小規模層が多く、ほ場区画は小区画で、排水不良等も生じ、生産性も低く、かつ、離農跡地継承に伴い農地が分散化していることから、農業経営は不安定なものとなっている。
  • furanobonnti10.jpg

事業の効果

国営農地再編整備事業では、区画整理によるほ場の大区画化及び排水条件の改善(労働時間は、整備前と整備後を比較すると4割程度短縮される)、水田の地目変換による畑地化(農地造成)、集落営農組織への農地利用集積(換地)や土地利用の整序化を行うことにより、生産性の高い農業基盤が確保され、集落営農による効果適な農業経営が確立されます。
  • furanobonnti11.jpg

お問合せ先

旭川開発建設部 富良野地域農業開発事業所

電話 0167-23-3541


現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 国営農地再編整備事業 (富良野盆地地区)