現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 技術管理課
  3. 北海道開発技術研究発表会
  4. 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
  5. 自由課題
  6. 第2日目 北海道開発局研修センタ- 第5会場

第2日目 北海道開発局研修センタ- 第5会場

自由課題 第2日目の「北海道開発局研修センター 第5会場」で行われる発表論文を以下に掲載します。

セッションNo.管理-2

発表時間:8:55~9:50

※所属及び○印は代表発表者
論文
No.
発表課題名
-サブタイトル-
代表発表者
所属
発表者
氏名
管5
(道)
北海道における床版上面劣化の発生傾向の整理 (国研)
寒地土木研究所
寒地構造チーム
○白戸 義孝
 角間 恒
 西 弘明
管6
(道)
道路橋床版面形状の実態調査 (国研)
寒地土木研究所
寒地構造チーム
○角間 恒
 白戸 義孝
 西 弘明
管7
(道)
白鳥大橋メインケーブルの現状と長寿命化に
向けた取り組みについて
-ケーブル端部に生じた塗膜異常-
室蘭開発建設部
室蘭道路事務所
○福田 孝志
 石塚 達也
 小室 雅人

管理-4

発表時間:11:05~12:00

※所属及び○印は代表発表者
論文
No.
発表課題名
-サブタイトル-
代表発表者
所属
発表者
氏名
管12
(道)
大型車両の燃費に路面雪氷が及ぼす影響に
関する研究
(国研)
寒地土木研究所
寒地道路保全
チーム
○大浦 正樹
 丸山 記美雄
 木村 孝司
管13
(道)
雪崩予防柵に発生する巻きだれの発達について (国研)
寒地土木研究所
雪氷チーム
○高橋 渉
 松下 拓樹
 松澤 勝
管14
(道)
寒冷地域における電線類の浅層埋設実現に
向けた考察
-光ケーブル管路内滞留水の凍結実験より-
(国研)
寒地土木研究所
地域景観ユニット
○大竹 まどか
 岩田 圭佑
 松田 泰明

管理-1

発表時間:13:00~14:10

※所属及び○印は代表発表者
論文
No.
発表課題名
-サブタイトル-
代表発表者
所属
発表者
氏名
管1
(道)
凍結防止剤散布路線でのコンクリート暴露実験
1冬目の評価(1)
-表面塩化物イオン量の設定方法に関する検討-
(国研)
寒地土木研究所
寒地技術推進室
○高木 典彦
 遠藤 裕丈
 成田 徳昌
管2
(道)
凍結防止剤散布路線でのコンクリート暴露実験
1冬目の評価(2)
-環境因子とスケーリングの関係の考察-
(国研)
寒地土木研究所
耐寒材料チーム
○遠藤 裕丈
 高木 典彦
 成田 徳昌
管3
(道)
凍結防止剤散布路線でのコンクリート暴露実験
1冬目の評価(3)
-各種配合の凍害発生の形態-
(国研)
寒地土木研究所
道北支所
○金子 学
 遠藤 裕丈
 渡辺 淳
管4
(道)
コンクリートの配合条件が凍塩害複合環境下での
スケーリングに及ぼす影響
(国研)
寒地土木研究所
耐寒材料チーム
○嶋田 久俊
 吉田 行
 安中 新太郎

管理-3

発表時間:14:20~15:30

※所属及び○印は代表発表者
論文
No.
発表課題名
-サブタイトル-
代表発表者
所属
発表者
氏名
管8
(道)
積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計に
ついて
(国研)
寒地土木研究所
寒地道路保全
チーム
○上野 千草
 安倍 隆二
 木村 孝司
管9
(道)
有機系ひび割れ充填材の耐凍害性に関する基礎的
実験
(国研)
寒地土木研究所
耐寒材料チーム
○内藤 勲
 安中 新太郎
管10
(道)
収縮低減剤を用いたコンクリートの乾燥収縮抑制
効果と凍結融解抵抗性
(国研)
寒地土木研究所
耐寒材料チーム
○吉田 行
 嶋田 久俊
 安中 新太郎
管11
(道)
浸食が進む海岸擁壁の補修
-超高強度繊維補強コンクリートによる補修事例-
帯広開発建設部
広尾道路事務所
○生出 靖
 瀧ヶ平 正美

リンク

お問合せ先

事業振興部 技術管理課 技術開発係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5489)
  • ファクシミリ:011-708-4532

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 技術管理課
  3. 北海道開発技術研究発表会
  4. 第61回(平成29年度)北海道開発技術研究発表会
  5. 自由課題
  6. 第2日目 北海道開発局研修センタ- 第5会場