現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 機械課
  3. 電気通信
  4. 情報通信施設
  5. レーダ雨雪量計システム

レーダ雨雪量計システム

レーダ雨雪量計システム

地上雨量計とレーダ雨雪量計の違い
地上雨量計とレーダ雨雪量計の違い

 雨や雪を観測することは、地上に設置された諸観測機器による点的な観測値では正確な値を求めることは困難ですが、面的に広範囲な降雨雪量を把握できるレーダ雨雪量計を設置することにより全体量を得ることができます。
 レーダ雨雪量計は、電波が雨滴や雪片の量に応じて反射してくる現象を利用して雨雪量を計測するものです。これをレーダエコーとして表示するとともに、計算処理により降雨雪強度の解析を行い、カラーディスプレイに表示する装置です。
 システムは、国土交通省の前身である建設省が昭和51年度に設置しました。
レーダ雨雪量計の原理
レーダ雨雪量計の原理
 北海道開発局では、昭和62年11月道央にピンネシリ、平成2年11月道南に乙部岳、平成4年11月道東に霧裏山及び平成5年10月道北に函岳の4基を設置し、北海道全域の降雨雪を観測しています。
 各レーダ雨雪量計で観測したデータは、本局で合成処理を行い、本省に送信します。本省からは全国合成の降雨雪量データが配信され、より一層広範囲な状況を把握できるようになりました。
 ここで得た情報は、インターネットを通じて配信され、天気予報の雨量アニメーションや担当する開発建設部や事務所等、河川、ダム、道路等の管理に活用しています。

お問合せ先

事業振興部 機械課 通信係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5334)
  • ファクシミリ:011-709-2143

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 機械課
  3. 電気通信
  4. 情報通信施設
  5. レーダ雨雪量計システム