現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 萌州~もえるくに~
  4. 萌州~もえるくに~ 平成29年度
  5. ひらめ底建網オーナーin遠別

ひらめ底建網オーナーin遠別

ひらめ底建網オーナーin遠別2017において「シーニックバイウェイ北海道 萌える天北オロロンルート」パネル展と「みなと見学会」を開催しました

平成29年7月3日発行
 
 6月17日(土曜日)、遠別町の遠別漁港において、今年で10回目となる「ひらめ底建網オーナーin遠別2017」が開催されました。
 イベントのメインは、底建網漁で水揚げしたヒラメを山分けするもので、全国各地403人の応募の中から抽選で決定した160人のオーナーが、1人当たり3~5kgを受け取ることができました。
 会場では、ホタテの早むき大会や、漁船からの餅まきなど多彩なイベントが行われ、来場者は楽しんでいました。
 当部では、会場内において「シーニックバイウェイ北海道 萌える天北オロロンルート」のパネル展と港湾業務艇「ゆりかもめ」による「みなと見学会」を開催しました。
 パネル展では、萌える天北オロロンルートの活動を紹介するものや、道路事業のPRパネルの他、北海道開発局が2016年度から10年間に渡って進めていく「北海道総合開発計画」を広く理解してもらうための説明パネルを展示しました。また、みなと見学会では、4回の航海全てが即定員となる人気ぶりで、普段あまり見ることができない海上からの風景を眺めながら、遠別漁港の歴史や役割・整備状況などを多くの方々に紹介することができました。
  • 萌える天北オロロンルートパネル展

    萌える天北オロロンルートパネル展

  • みなと見学会

    みなと見学会

  • 漁船からの餅まきを楽しむ来場者

    漁船からの餅まきを楽しむ来場者

  • 652kgも水揚げされたヒラメ

    652kgも水揚げされたヒラメ

シーニックバイウェイ北海道

地域に暮らす人が主体となり、企業や行政と手をつなぎ、個性的で活力ある地域づくり、景観づくり、魅力ある観光空間づくりを目指す取り組みです。
平成17年よりスタート、平成27年12月末現在12の指定ルート、2つの候補ルートがあり、約400団体が活動をしています。

萌える天北オロロンルート

北海道の日本海側北部、幌延町、天塩町、遠別町、初山別村、羽幌町、苫前町、小平町、留萌市、増毛町の9市町村が縦に連なる範囲で、ルートの主な道路は、海岸線を縦走する国道231号、232号、主要道道稚内天塩線による「日本海オロロンライン」、加えて内陸部と連続する国道233号、239号などのほか、天売島、焼尻島を結ぶフェリー航路があります。38の民間団体がまちの垣根を越え、観光、景観、地域づくりに関わる8つのプロジェクトを展開しています。

お問合せ先

広報官

  • 住所:留萌市寿町1丁目68番地
  • 電話番号:0164-42-2393

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 萌州~もえるくに~
  4. 萌州~もえるくに~ 平成29年度
  5. ひらめ底建網オーナーin遠別