現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 萌州~もえるくに~
  4. 萌州~もえるくに~ 平成29年度
  5. 暴風雪時における車両移動訓練

暴風雪時における車両移動訓練

暴風雪時における車両移動訓練を実施しました

平成30年1月24日発行
 
 1月16日(火曜日)、留萌開発事務所で平成26年11月の災害対策基本法の改正を踏まえ、大規模地震や大雪等の災害発生時に緊急車両の通行ルートを確保することを目的とする放置車両の移動訓練を、警察と消防による救出救助訓練と併せて実施しました。
 この訓練は、留萌管内防災行政ネットワーク(事務局  留萌振興局)が主催する「冬季合同防災訓練(※)」の一環として行われました。
 訓練はまず、警察と消防により暴風雪で車両に取り残された要救助者を救出救助する訓練が行われ、スノーモービルでの駆け付け、安否確認、スコップによる雪の掻きだし、救助、雪上車・救急車による搬送と、スムーズな救出救助が行われていました。
 その後の当部による放置車両の車両移動訓練では、➀車両所有者が車両にいる場合、②車両所有者が不在で鍵がついている場合、③車両所有者が不在で鍵がついていない場合、④車両所有者が不在で鍵がついていなく、雪で埋没している場合の4通りを想定して行い、状況確認や移動前後の車両の記録などの手順を確認しました。また、③・④のケースでは除雪ドーザにより車両を実際に移動させるなど本番さながらの訓練となりました。
 本格的な降雪期を迎え暴風雪被害がいつ発生するかわかりませんが、本訓練によって防災技術の向上が図られました。

※冬季合同防災訓練は、暴風雪、大雪により被害が発生したことを想定し、災害対応時の体制、情報共有方法や被災箇所への対処方法の確認など、大規模災害時に市町村、防災関係機関が連携して対応できるよう、地域の特性を踏まえた実践的な訓練であり、図上訓練は留萌合同庁舎(留萌振興局)、現場訓練は留萌開発事務所で実施しました。

道路利用者の皆様へのお願い
  1. 暴風雪等の悪天候が予想されるときは、最新の気象情報や道路情報などを事前に十分に確認し、不要不急の外出はお控え願います。
  2. 大地震や暴風雪等の災害時に、車両等をおいて避難する際は、できるだけ道路の左側に車間を詰めて停車し、緊急通行車両の通行ルート確保にご協力願います。
  3. なお、緊急車両の通行を確保する緊急の必要がある場合は、災害対策基本法に基づき、道路管理者が区間を指定して、放置車両・立ち往生車両等の移動を行う場合があります。
  • 雪に埋もれた車両から救助する警察署員と消防職員

    雪に埋もれた車両から救助する警察署員と消防職員

  • 放置車両の状況確認

    放置車両の状況確認

  • 除雪ドーザに牽引され移動する車両

    除雪ドーザに牽引され移動する車両

  • 雪に埋もれた車両を移動

    雪に埋もれた車両を移動

お問合せ先

広報官

  • 住所:留萌市寿町1丁目68番地
  • 電話番号:0164-42-2393

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 萌州~もえるくに~
  4. 萌州~もえるくに~ 平成29年度
  5. 暴風雪時における車両移動訓練