現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 江別河川事務所
  3. 江別河川事務所
  4. 夕張川流域会議
  5. 第19回夕張川流域会議 H22.2.16

第19回夕張川流域会議 H22.2.16

第19回夕張川流域会議 H22.2.16

現地見学

1)清幌床止魚道改築工事の見学

現地見学は、南幌町の清幌床止の魚道改築現場で行ないました。工事は床止中央の既設魚道の改良と両岸の補助魚道の新設で、石組み施工が施されています。また文献から夕張川の過去のサケマス類の遡上記録を調べた結果、かっては、阿野呂川、由仁川、ヤリキレナイ川、築別川などの支流などにサケマスが遡上していたことを確認しました。
  • 現地見学

    現地見学の様子 3号床止の左岸から工事現場を見ました。

  • 改良図1
  • 改良図2
  • 魚道解説
  • 円山橋河原

議事内容

1)清幌床止魚道改築について
  • 文献資料からわかる夕張川の過去のサケ、マスの遡上
町史、郷土史等文献からサケ、マスの遡上に関する記述を調べました。明治期から昭和初期頃までサケ、マスが主に支流で見られたことがわかります。
  • 遡上記録地図
参考文献
「渡し守」由仁町郷土資料研究会編、「長沼町90年史」長沼町史編さん委員会編集、「古川部落史」古川部落史編さん委員会、「黎明の郷 角田」角田郷土史編纂委員会編集、「岩内部落百年のあゆみ」岩内部落百年記念事業協賛会編集委員会編、「白鳥の道、日の出国へ」空知地方史研究協議会編、「岩内部落史」由仁町岩内自治区編集、「夕張市史」、「由仁町史」

2)流域が一体となって取り組む活動

流域が一体となって取り組む活動については、まず流域内で行われている様々な活動の現状を把握し、情報の共有化を図っていきます。今年度事務局で把握した流域で取り組まれた活動をまとめました。
  • 夕張川塾
  • ボート下り
  • 川の楽習会
  • シンポジウム
活動名 開催日 場所
サケ稚魚放流 H21.4.12(日) 雨煙別川支流高橋の沢
RAC講習会 H21.6.27(金)~29(日) 夕張川、阿野呂川
由仁小総合学習 H21.7.9(木) ヤリキレナイ川
夕張川塾 H21.7.29(水) 夕張川、阿野呂川、ハサンベツ川
石狩川流域交流フェスタ H21.8.29(土) 石狩川、千歳川、豊平川、夕張川
夕張のぞみ小総合学習 H21.9.3(木) ホロカクルキ川
川の楽習会 H21.9.6(水) 夕張川清幌床止付近
石狩川流域1人1本300万本植樹運動 H21.10.10(土) 由仁町古山貯水池自然公園
シンポジウム
夕張川再生にかける思い
H21.10.16(金) 栗山町ふれあいプラザ
サケ稚魚の飼育 H21.11~ 由仁町、栗山町の各所
3)掘削残土(泥炭)の有効利用について

今後予定している河道掘削等で膨大な量の残土(泥炭)が発生することを踏まえ、これらの残土(泥炭)を改良し盛土材としての有効利用を図るために試験施工を行っています。

盛土材検討フローチャート

盛土材料(泥炭)試験
(1)材料(泥炭)を採取し、得られた試料の物理試験を行う。

試験施工最適配合検討
(2)最適な改良材を2種選定し、各改良材の配合量を3条件設定する。

事前配合試験
(3)上記条件により、採取した材料(泥炭)と改良材を混合し、養生日数経過後に破砕し試験を行う。

(4)結果により施工性・経済性を考慮し、試験施工に最適な配合を選定する。

試験施工
(5)夕張川高水敷で試験施工を行うとともに、現位置試験及び採取した試料で室内試験を行う。

(6)実施に向けた課題の整理、最適な施工方法の検討
  • 施工の状況
4)H21年度業務・工事報告

今年度は、清幌床止魚道改築工事のほか、高速道路より下流側で築堤工事や樋門工事を実施しております。築堤工事の目的は夕張川は泥炭が広く分布し地盤が軟弱であるため、堤防の安全性を確保することを目的に緩傾斜化を行っております。樋門改築工事は樋門自体が老朽化してていることや築堤の緩傾斜化により樋門の長さが不足することから改築を行っております。
  • 改良図1
  • 改良図2
5)各団体からの活動報告

おっ鳥クラブ、栗山JC,夕張川なんでも探検隊が活動報告しました。
*詳細は委員からの主な意見参照


お問合せ先

江別河川事務所

  • 住所:江別市高砂町5
  • 電話番号:011-382-2358

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 江別河川事務所
  3. 江別河川事務所
  4. 夕張川流域会議
  5. 第19回夕張川流域会議 H22.2.16