現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 農業農村整備事業(旭川開発建設部)
  4. 農業農村整備事業
  5. 国営農地再編整備事業(上士別地区)

国営農地再編整備事業(上士別地区)

ページ内目次

上士別地区

jigyou_p_kamisibetu1.jpg
国営農地再編整備事業

地区概要

kamisibetu03_1.jpg
関係市町村  士別市
 受益面積   825ha
 主要工事  区画整理  825ha
       農地造成   24ha
       用水路30、L=3.5km
       道路17条、L=9.7km
 主要作物  水稲、小麦、大豆、野菜類等    

事業目的

  水田ほ場の大区画化と併せて地目変換による畑地化を一体的に進め、効率的な機械化作業体系の確立と、集落営農の組織化によって担い手を確保し、スケールメリットを活かした低コスト農業の実現を図り、効率的かつ安定的な農業経営体の創出を目的とします。

地区の現状

 上士別地区は、上川三大盆地のひとつである名寄盆地の中央に位置し、天塩川の豊かな水源を活かして古くから稲作が盛んな地域である。
 同地区では、離農跡地の継承等によって戸当たり経営面積が増大しているが、ほ場区画が狭小・未整形で、経営農地が分散しているため、効率的な農業経営の確立に大きな支障となっている。
  • kamisibetu1.jpg

事業の効果

国営農地再編整備事業では、ほ場の大区画化及び水田の地目変換によって畑地化を一体的に敵施行し、併せて農地の集積に取り組み、大型機械化体系による生産コストの低減と効率的な営農の展開によって農業の振興を柱とした地域の活性化が確立されます。
  • kamisibetu022.jpg

お問合せ先

旭川開発建設部 名寄農業開発事業所

電 話 01654-3-4637


現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 土地改良情報対策官
  3. 農業農村整備事業(旭川開発建設部)
  4. 農業農村整備事業
  5. 国営農地再編整備事業(上士別地区)