現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 魅力体験!いぶり・ひだかの観光情報
  4. 観光体験記
  5. 観光体験記【特別版】~がんばろう!胆振・日高~ (4)洞爺湖編

観光体験記【特別版】~がんばろう!胆振・日高~ (4)洞爺湖編

(4)洞爺湖編

 北海道胆振東部地震の発生から2か月。北海道屈指の観光地であり、ユネスコ世界ジオパーク認定地・洞爺湖有珠山ジオパークに位置する洞爺湖にも観光客が戻ってきています。10月上旬には台風が接近していましたが、私が洞爺湖を訪れた10月21日の前後は秋晴れが続き、絶好の行楽日和でした。 

 
足湯の写真


 まずは遊覧船の乗船を待つ間に足湯「洞龍の湯(とうろんのゆ)」を体験。中島めぐりの遊覧船桟橋のすぐ目の前なので、待ち時間を有効に使えます。
 湖畔の景色を眺めながらの足湯はとても気持ちが良く、心も体もリフレッシュできました。




遊覧船の写真


 そして、遊覧船「エスポアール」に乗りいよいよ中島へ。遊覧船は、30分間隔で運航しており、遊覧のみの所要時間は50分です。今回は遊覧船立ち寄りポイントの大島に上陸してみることにしました。大島までの所要時間は20分ほどです。 



 
  • 湖上からの景色の写真
  • 森林博物館の写真
 デッキで湖上の景色を眺めながらの短い船旅を終え大島に到着。まずは森林博物館を見学してから受付で簡単な入山手続きをし、大島の中央付近にある大平原を目指してトレッキング開始です。
 しばらくはカラマツ林の中を進みます。足下がウッドチップでふかふかしていてトレッキング初心者の私でも安心して気持ちよく歩けました。
  • カラマツ林の写真
  • 大平原の写真
 途中アップダウンもありましたが、50分ほどで目指していた大平原にようやく到着。ひょっこり見えた羊蹄山には雲がかかっていました。今回はその先の折り返しポイントまでは行かずにここで折り返すことに。運が良ければエゾシカやエゾリスに出逢うこともあるそうですが、この日は残念ながら出逢えませんでした。
 1時間半ほどトレッキングを楽しんだ後、遊覧船で湖畔に戻り、車で湖畔をぐるっと一周してみることにしました。

  • 洞爺湖畔の彫刻の写真
  • 洞爺湖畔の彫刻の写真

 湖畔に点在する彫刻が景色と一体となって美しい「とうや湖ぐるっと彫刻公園」。
 自然と人が造り出した風景に癒されます。
 

  • 洞爺湖畔の彫刻の写真
  • 洞爺湖畔の彫刻の写真
 洞爺湖に突き出た出島にある「浮見堂公園」に立ち寄り、園内を散策。
  • 浮見堂公園の写真
  • 浮見堂公園の写真
 聖徳太子像を祭る二重の塔の赤い色が湖水や空の青さに良く映えます。この浮見堂の周辺には、縄文人が暮らしていたことを示す湖底遺跡があり、縄文人が暮らしていた頃は現在よりも水面が低かったようです。
  • サイロ展望台の写真
  • 展望台からの眺めの写真

 サイロ展望台からの眺めも雄大で神秘的です。観光バスが次々と来ており、人気のビューポイントであることがうかがえます。

  

  • 洞爺湖の写真

 湖畔巡りを楽しんだ後は、洞爺湖温泉街で美味しい料理や温泉を堪能しました。
 洞爺湖周辺は、ここでは紹介しきれないほどの魅力でいっぱいです。皆さんもぜひお越しください。

                                    
 洞爺観光や洞爺湖有珠山ジオパークの詳細はホームページで。

                                   (文責:室蘭開発建設部)

お問合せ先

地域振興対策官

  • 住所:室蘭市入江町1番地14
  • 電話番号:0143-25-7053

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 魅力体験!いぶり・ひだかの観光情報
  4. 観光体験記
  5. 観光体験記【特別版】~がんばろう!胆振・日高~ (4)洞爺湖編