現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 苫小牧河川事務所 計画課
  3. 苫小牧川

苫小牧川

ページ内目次

苫小牧川

苫小牧川
苫小牧川は、流路延長31km、7渓流のうち最も緩やかな地形となっており、下流部は広い湿地帯となっています。
植生は、二次林が多く、支笏湖地方ササ群落や湿原には注目される植物群落が存在します。動物は、希少種(オオジシギ、エゾトミヨ、ケマダラカミキリなど)や、多くの貴重な種が生息しています。

苫小牧川配慮事項と留意事項

各環境要素のうち配慮すべき事項
砂防施設の整備による
環境への留意事項
留意事項
砂防施設
自然環境
・トドマツ植林の水源
涵養保安林(国有林)
・ハルニレ林、支笏地方ササ群落
自然景観
・樽前山頂からの自然景観
自然環境
・復元を図る
・復元を図る
自然景観
・復元・創出を図る

・谷止工
・床固工
自然環境
・遊砂地(堆砂区域)上流の湧水
・砂防ダム周辺の湿地
・ヨシガモ、カワセミ、オオジシギなどの鳥類
・湿地の海岸部に見られる沈水植物群落
・ハンノキ林、ヤチダモ林、ドロヤナギ林、
 ハルニレ林
魚類
・エゾトミヨ、イバラトミヨ
自然景観
・道央自動車道からの湿地景観、山岳景観
自然環境
・保存を図る
・復元を図る
・保護を図る
・復元を図る
・復元を図る

魚類
・復元・創出を図る
自然景観
・復元・創出を図る

・遊砂地
・砂防えん堤
社会環境
苫小牧川修景緑地、
新苫小牧川緑地(レクリエーション)
社会環境
・利用を図る
・自然空間
・学習空間

お問合せ先

苫小牧河川事務所 計画課

  • 住所:苫小牧市柏原32番地の40
  • 電話番号:0144-57-9861

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 苫小牧河川事務所 計画課
  3. 苫小牧川