現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 北海道総合開発計画について
  4. 北海道型地域構造(生産空間)の保持・形成

北海道型地域構造(生産空間)の保持・形成

北海道型地域構造の保持・形成

 主に農業・漁業の生産は地方部で行われ、食料供給に大きく貢献しているほか、観光資源・地域資源も地方部に広く分散しています。このように、地方部には北海道の強みである「食」と「観光」を担う「生産空間」があり、多面的・公益的機能を果たしています。

 一方で、広大な北海道では、農山漁村の集落が広域エリアに散在するため、生活施設まで遠く、公共交通の運営が困難であるなど、人口定着に不利な環境にあります。このような状況の中、今後、人口の急減や高齢化が進展すると、集落の存続や生活を支えるためのサービスの維持が困難となり、北海道の強みを提供する生産空間を維持できなくなる可能性があります。
 今後も生産空間の多面的・公的な役割を果たし続けるためには、それを支える人々が住み続けられる地域構造を保持・形成しなければいけません。そのためには、既存の市町村の枠を越えて、様々な都市機能・生活機能ごとに、柔軟に広域的な連携と役割分担を図ることが必要です。

 北海道総合開発計画では、農林水産や観光を担う「生産空間」、生活サービスを担う地方部の「市街地」、高次の医療を担う「圏域中心都市」の頼り頼られる3つの層を一体とすることで、生産空間での暮らしを広域的に支えつつ、基礎圏域内外の人々の活発な対流を促進する中で、人口の自然減・社会減の抑制を目指す「北海道型地域構造」の保持・形成を図るための取り組みを進めていきます。

地域構造の保持・形成に向けた施策パッケージ

地域構造の保持・形成に向けた施策パッケージ

 北海道の強みを提供する生産空間が、将来にわたって安心・継続して暮らせることのできる地域であるためには、それぞれの地域の実情に応じた取組を実施する必要があります。そのためには、国、道、市町村、学識者、民間事業関係者など地域を支える多様な関係者が、現状、課題、さらには一つの将来像を共有した上で、相互に協力することが重要です。

 関係機関や地域の方々が、地域の目指す姿やその実現のための取組について議論することで、持続可能な地域づくりに向け、地域の実情に応じた効果的な施策を、地域の視点から見出してきました。これらの施策を推進することで、人口減少の社会の中でも、将来も安心して暮らしていける地域の将来像を「施策パッケージ」としてとりまとめました。

 十勝南、釧路モデル地域の施策パッケージは、圏域検討会での検討の後、順次、掲載していきます。

北海道型地域構造の保持・形成に向けた取組事例集

 施策パッケージの策定に当たって参考とした、3モデル地域及びその他の地域における先導的な取組事例を紹介します。
 ※ファイルを開いたら、参照したい地域や取組をクリックしてください。

モデル地域圏域検討会の開催

 名寄周辺、十勝南、釧路の3圏域をモデルとして、「食」「観光」など北海道の強みを提供している「生産空間」に住み続けられる環境づくりを目指して、地域特性、課題・ニーズに対応した各種施策の検討を行うため、地域の多様な主体の参加による検討会を開催します。

各地域検討会
  • 各地域検討会図

お問合せ先

開発監理部 開発計画課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5467)
  • ファクシミリ:011-726-2352

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 北海道総合開発計画について
  4. 北海道型地域構造(生産空間)の保持・形成