現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 網走港 (あばしりこう)

網走港 (あばしりこう)

網走港 (あばしりこう)

港格

重要港湾

港湾管理者

網走港の概要

網走港
 網走港は北海道北東部、オホーツク海に面し、網走川の河口部に位置する河口港から発展した。現在、網走市、北見市を中心とする網走支庁東部を背後圏とし、この地域で営まれる消費、生活等の諸活動や生活に関わる物流を支える港湾として、また、沖合、沿岸漁業の基地として重要な役割を果たしている。

 網走港の整備は大正8年の避難港修築から始まり、昭和53年の重要港湾への指定を契機に、本格的な整備が進められた。平成5年には-12m岸壁が供用し大型国際貨物船の対応が可能となり、背後圏で生産される甜菜糖の生産に必要な石炭の輸入港として利用されている。また、平成26年2月に小麦の集出荷能力が1.5倍の12万t/年に増強されたことにともない、平成27年は11,7万tの小麦を全国に向けて移出しており、食料供給基地として重要な役割を果たしている。

 また、平成21年に流氷観光砕氷船の発着ターミナルを兼ねる「みなと観光交流センター」が整備され、流氷観光を目的とした観光客が多く来訪しており、特に外国人の乗船客数が年々増加している。

 現在は、新港地区の静穏度確保を目的とした防波堤整備を進めるとともに、川筋地区において地域のみなとを通じた観光交流機会の増進を目指し、老朽化した物揚場の改良整備を進めている。
 

網走港の沿革

  • 網走港の沿革

取扱貨物量

(単位:千トン)
区分 平成26年
取扱貨物量
平成27年 H27/H26
対前年比
取扱貨物量 主要品種名
外貿 輸 出 0 0 水産品 0.00
輸 入 93 79 石炭、非金属鉱物 0.85
93 79   0.85
内貿 移 出 174 184 麦、その他食料工業品、窯業品 1.06
移 入 110 118 水産品、セメント、石灰石 1.07
284 301   1.06
合計 377 381   1.01
北海道開発局港湾計画課調べ

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課 防災係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5567)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 網走港 (あばしりこう)