現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 釧路港 (くしろこう)

釧路港 (くしろこう)

釧路港 (くしろこう)

港格

重要港湾

港湾管理者

釧路港の概要

 釧路港は日本有数の食糧基地である東北海道地域の流通拠点港として、地域の暮らしと産業の両面において重要な役割を果たしている。
 港湾エリアは新釧路川を挟んで東港区と西港区となっており、東港区を中心に発展してきたが、国内外との貿易実績の大幅な伸長を受け、昭和44年より西港区の建設に着手した。西港区は昭和51年の第1埠頭の完成に次ぎ、第2・第3埠頭を順次整備しながら着実に施設を拡充し、平成14年には東北海道で唯一の-14m岸壁を有する第4埠頭の供用が開始された。また、平成23年5月、「国際バルク戦略港湾(穀物)」に選定、平成28年2月には「特定貨物輸入拠点港湾(穀物)」に指定され、穀物を取扱うアジアの主要港湾と比べて遜色のない物流コスト・サービスを実現するための全国的な拠点港として位置付けられている。
 一方、古くから開けた東港区では、従来の物流・漁業機能に加え、釧路フィッシャーマンズワーフを中心とするウォーターフロント空間の形成が推進されているほか、平成23年6月に道内最大規模の耐震旅客船ターミナルが供用を開始した。
 
  • 西港区 西港区
  • 東港区 東港区

釧路港の沿革

  • 釧路港の沿革

取扱貨物量

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課 防災係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5567)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 釧路港 (くしろこう)