現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 小樽港 (おたるこう)

小樽港 (おたるこう)

小樽港 (おたるこう)

港格

重要港湾

港湾管理者

小樽港の概要

小樽港
 樽港は、北海道における政治・経済の中心地の札幌を始めとする道央地域を背後圏に日本海側流通拠点港として重要な役割を担っている。

 本港は、石狩炭田の開発に伴い、明治13年手宮~札幌間に鉄道が敷設されたことにより、石炭の積出港として整備され、明治32年の開港以来、平成9年で100周年を迎え北海道の開拓の拠点として今日まで発展してきた。

 その後、戦後の経済統制、商圏の喪失などにより一時的に減勢を余儀なくされてきたが、昭和23年の貿易の再開、昭和40年代の新潟・敦賀・舞鶴への長距離フェリーの就航により港湾取扱貨物も逐次増加してきた。平成9年には勝内ふ頭に-13mの大型岸壁が整備(改良)され、大型の穀物船の入港が可能となり、平成12年には、港町ふ頭の-14m岸壁が暫定-13mで供用開始し、道央圏への貨物のコストの縮減、安定供給が期待される。

 また、本港はウォーターフロントの整備として、平成2年にマリーナの供用を開始、運河を活用した緑地等、小樽築港駅周辺の再開発など鋭意整備を進めている。

 平成11年には、関税法による開港100周年を迎え、今後も蓄積された港湾機能を生かした発展が期待される。なお、平成23年に日本海側拠点港(外航クルーズ(背後観光地クルーズ))に選定されている。

 外貿航路としては、平成14年に中国とのコンテナ定期航路が開設され、平成25年にはウラジオストクとのRORO定期航路が開設されている。平成27年にはコンテナ航路の改編により、これまで行っていた国内港でのトランシップが解消し、上海に加え青島、大連が直接結ばれることで港湾サービスの向上が図られている。
 

小樽港の沿革

  • 小樽港の沿革

取扱貨物量

(単位:千トン)
区分 平成26年
取扱貨物量
平成27年 H27/H26
対前年比
取扱貨物量 主要品種名
外貿 輸 出 104 67 完成自動車、水産品、米 0.64
輸 入 357 332 家具装備品、麦、とうもろこし 0.93
462 399   0.86
内貿 移 出 4,323 4,587 フェリー、水、重油 1.06
移 入 5,274 5,904 フェリー、重油、セメント 1.12
9,597 10,491   1.09
合計 10,059 10,890   1.08
北海道開発局港湾計画課調べ

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課 防災係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5567)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 小樽港 (おたるこう)