現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 苫小牧港 (とまこまいこう)

苫小牧港 (とまこまいこう)

苫小牧港 (とまこまいこう)

港格

国際拠点港湾

港湾管理者

苫小牧港の概要

 苫小牧は、北海道の中央に広がる石狩平野の太平洋南西岸(北緯42度38分、東経141度36分)に位置し、北海道にあっては比較的温和な気候風土で降雪量も少ない。

 道都札幌へ約60km、新千歳国際空港へは約20kmと近く、他の道内主要都市へも高速交通網により接続されており、陸海空の交通の要衝となっている。

 苫小牧の歴史は、大正の初期、勇払川河口を利用した漁港造りに始まる。その後、大正13年北海道庁技師・林千秋の「勇払築港論」発表を機に港湾としての勇払原野・苫小牧の豊かな将来性が認識され、幾多の構想を経て、昭和26年から本格的な苫小牧港建設が着手された。

 苫小牧港の開発は西港区、東港区を併せ港湾区域約14,000ha、海岸線約24kmに及び、背後には西部工業団地・東部地域という本道随一の大規模工業地帯が形成されている。また、多くの内貿定期航路が開設され道内の流通拠点ともなっている。着工から30年を経た昭和56年には特定重要港湾に指定されており、本道経済はもとより日本経済の安定的発展にも大きな役割を果たしている。現在は、西港区の老朽化した西ふ頭を一部耐震化した内貿複合一貫ターミナルとするための再整備を進めている。 なお、本港は平成23年4月の港湾法施行令(政令)改正により特定重要港湾改め 「国際拠点港湾」として位置づけられた。
  • 西港区 西港区
  • 東港区 東港区

苫小牧港の沿革

  • 苫小牧港の沿革

取扱貨物量

(単位:千トン)
区分 平成26年
取扱貨物量
平成27年 H27/H26
対前年比
取扱貨物量 主要品種名
外貿 輸 出 1,053 1,520 原油、紙・パルプ、重油 1.44
輸 入 16,228 17,073 原油、石炭、とうもろこし 1.05
17,282 18,593   1.08
内貿 移 出 43,984 43,559 フェリー、石油製品、紙・パルプ 0.99
移 入 45,035 43,411 フェリー、完成自動車、石油製品 0.96
89,019 86,970   0.98
合計 106,301 105,563   0.99
北海道開発局港湾計画課調べ

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課 防災係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5567)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 苫小牧港 (とまこまいこう)