現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 道路維持課
  3. ボランティア・サポート・プログラム
  4. ボランティア・サポート・プログラムの流れ01

ボランティア・サポート・プログラムの流れ01

ボランティア・サポート・プログラムの流れ

ステップ1 「実施区域」を決める場合は?

  •  車道を除く歩道等を中心とした場所選びは、地域の適性にあったプログラムにふさわしい道路等を選びます。
  •  同一実施区域で複数の応募があった場合は、相互に了承をとって、同じ区域で複数の団体が活動することは可能です。
(例:A団体は清掃活動、B団体は草木の手入れ等) 

ステップ2 実施団体に関する規則とは?

1.「実施団体」の資格を定めます

「実施団体」を認定する条件を定めておきます。

1人で1区画を管理することは認められません。
グループを対象に区画を切るため、一人では負担が重すぎ、現実的ではありません。また、活動を長く続けてもらうためにも、声を掛け合えるグループ(団体)が望ましいからです。規模の大きい「実施団体」について、活動現場における人数の上限を設定する必要があります。小さな区画に何百人も参加することは出来ないでしょう。

子供だけのグループは、大人の監督者を要します。
15歳未満の者が参加する場合は、15歳未満の者10人に対し成人1人以上が保護者として参加する。


2.「実施団体」の資格審査機関を設置します

「実施団体」の資格基準を満たしているかどうかを、より公正に判断するため、「自治体」と「北海道開発局」との協議による認定機関を設け資格審査を行います。その他、「実施団体」に関して判断に困るような事は、この機関で協議します。 

お問合せ先

建設部 道路維持課 維持第1係

  • 電話番号:011-709-2311(内線5363)
  • ファクシミリ:011-757-3270

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 道路維持課
  3. ボランティア・サポート・プログラム
  4. ボランティア・サポート・プログラムの流れ01