現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 豊平川ダム統合管理事務所
  3. 豊平川ダム統合管理事務所
  4. 豊平峡ダムについて

豊平峡ダムについて

ページ内目次

豊平峡ダムについて

目 的

 豊平峡ダムは、昭和36年・37年の洪水を契機として、都市化が進む札幌市を洪水から守るとともに、増加する水需要・電力需要に応えるため建設され、昭和47年に完成しました。
  • 洪水調節
  • 水道用水
  • 水力発電

諸 元

 アーチ式コンクリートダムは、コンクリートの使用量が少なく重力式コンクリートダムに比べて、工費の縮減が可能で経済性に優れています。 ただ、ダムの形をアーチ状に湾曲させることでダムにかかる水圧をダムの周りの岩盤で支える構造となっているため、ダム周辺の岩盤が強固であることが絶対条件になっています。 北海道に建設されているアーチ式ダムは、この豊平峡ダムと奥新冠ダム(北海道電力)の2つのみです。
  • 分配図
 ※標高は、平成14年4月施行の改正測量法以降の数値です。
河川名 石狩川水系豊平川
位 置 札幌市南区定山渓7区
地 質 溶岩、自破砕溶岩
流域面積 豊平川本流 134平方キロメートル
薄別川 25平方キロメートル
型 式 アーチ式コンクリートダム
(放物線アーチ)
堤 高 102.5メートル
堤頂長 305.0メートル
堤体積 立方285,000メートル
堤体標高 標高 477.38メートル
湛水面積 1.5平方キロメートル
総貯水量 47,100,000立方メートル
有効貯水量 37,100,000立方メートル
満水標高 標高 474.88メートル
低水標高 標高 437.68メートル
利用水深 37.20メートル
堤頂水門 5門(幅6.00×高6.30メートル)
高圧放水門 2門(径2.10メートル)
1門(径0.45メートル)
上水道取水量
(1日最大)
528,000立方メートル/日
(6.111立方mメートル/秒)
発 電
(最大出力)
51,900キロワット

ダムの構造図(豊平峡ダム)

標準断面図
  • 標準断面図
平面図
  • 平面図
下流面図
  • 下流面図

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 豊平川ダム統合管理事務所
  3. 豊平川ダム統合管理事務所
  4. 豊平峡ダムについて