現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 豊平川ダム統合管理事務所
  3. 豊平川ダム統合管理事務所
  4. 定山渓ダムについて

定山渓ダムについて

ページ内目次

定山渓ダムについて

目 的

 定山渓ダムは、昭和50年代に発生した大洪水への対策と、急増する人口に対応して豊平峡ダムに次ぐ札幌市第二の水がめとして建設され、平成元年に完成しました。
  • 洪水調節
  • 水道用水
  • 水力発電

諸 元

 重力式コンクリートダムは、大量のコンクリートを用いることにより、ダムの自重で水圧に耐える形式のダムです。 北海道では、66基※の重力式コンクリートダムが建設されており、定山渓ダムはその中で最も堤頂高の高いダムとなっています。
※(ダム便覧2013より)
  • 分配図
 ※標高は、平成14年4月施行の改正測量法以降の数値です。
河川名 石狩川水系小樽内川
位 置 札幌市南区定山渓8区
地 質 石英斑岩、石英安山岩
流域面積 104.0平方キロメートル
型 式 重力式コンクリートダム
堤 高 117.5メートル
堤頂長 410.0メートル
堤体積 1,185,000立方メートル
堤体標高 標高 392.40m
湛水面積 2.3平方キロメートル
総貯水量 82,300,000立方メートル
有効貯水量 78,600,000立方メートル
洪水時満水位 標高 390.40メートル
常時満水位 標高 381.50メートル
最低水位 標高 325.30メートル
洪水調節容量 19,000,000立方メートル
利水容量 59,600,000立方メートル
クレストゲート 7.00×7.00~2門
コンジットゲート 2.40×2.40~1門
上水道取水量
(1日最大)
375,000立方メートル/日
(4.338立方メートル/秒)
発 電
(最大出力)
7,000キロワット

ダムの構造図(定山渓ダム)

標準断面図
  • 標準断面図
平面図
  • 平面図
下流面図
  • 下流面図

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 豊平川ダム統合管理事務所
  3. 豊平川ダム統合管理事務所
  4. 定山渓ダムについて