現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 重要水防箇所について

重要水防箇所について

重要水防箇所について

  • 重要水防箇所
 『重要水防箇所』とは、洪水時に危険が予想され、重点的に巡視点検が必要な箇所のことで、台風などの出水時には、地元の水防団(市町村)が中心となり、特にこれらの「重要水防箇所」に注意して水防活動にあたります。
 具体的には次のような項目毎に、その重要度によってA・B・要注意の3つのランクに分類されています。
  • 堤防高・・・・・・・・・・ 堤防の高さが不足している箇所
  • 堤防断面・・・・・・・・・ 堤防の幅が不足している箇所
  • 法崩れ・すべり・・・・・・ 過去に堤防の法面が崩れたことのある箇所
  • 漏水・・・・・・・・・・・ 過去に堤防から水がにじみ出したことのある箇所
  • 水衝・洗掘・・・・・・・・ 川の水あたりの強い箇所
  • 工事施工・・・・・・・・・ 堤防・開削を行う工事箇所等
  • 工作物・・・・・・・・・・ 橋の桁下が低い箇所等
  • 新堤防・・・・・・・・・・ 堤防工事から3年以内の箇所
  • 破堤跡・旧川跡・・・・・・ 昔川が流れていた箇所等
種別 重要度A
水防上最も重要な区間
重要度B
水防上重要な区間
要注意区間
堤防高
(流下能力)
計画高水流量規模の洪水の水位が現況の堤防高を越える箇所。 計画高水流量規模の洪水の水位と現況の堤防高との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。  
堤防断面 現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の天端幅の1/2未満の箇所。 現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の天端幅に対して不足しているが、それぞれ1/2以上確保されている箇所。  
法崩れ
すべり
法崩れ又はすべりの実績があるが、その対策が未施工の箇所。 法崩れ又はすべりの実績があるが、その対策が暫定施工の箇所。
法崩れ又はすべりの実績はないが、堤体あるいは基礎地盤の土質、法勾配等からみて法崩れまたはすべりが発生するおそれのある箇所で所要の対策が未施工の箇所。
 
漏水 漏水の履歴があるが、その対策が未施工の箇所。 漏水の履歴があり、その対策が暫定施工の箇所。
漏水の履歴はないが、破堤跡または旧川跡の堤防であること。あるいは基礎地盤及び堤体の土質等からみて、漏水が発生するおそれがある箇所で、所要の対策が未施工の個所。
 
水衝
洗掘
水衝部にある堤防の全面の河床が深掘れしているがその対策が未施工の箇所。
橋台取り付け部やその他の工作物の突出箇所で、堤防護岸の根固め等が洗われ一部破損しているが、その対策が未施工の箇所。
波浪による河岸の決壊等の危険に瀕した実績があるが、その対策が未施工の箇所。
水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れにならない程度に洗掘されているが、その対策が未施工の箇所。  
工事施工     出水期間中に堤防を開削する工事箇所または仮締切り等により本堤に影響を及ぼす箇所。
工作物 河川管理施設等応急対策基準に基づく改善措置が必要な堰、橋梁、樋管その他の工作物の設置されている箇所。
橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等が計画高水流量規模の洪水の水位以下となる箇所。
橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等と計画高水流量規模の洪水の水位との差が堤防の計画余裕高に満たさない個所。  
新堤防
破堤跡
旧川跡
    新堤防で築造後3年以内の箇所。
破堤跡または旧川跡の箇所。
 台風などの大雨により河川が増水し決められた水位(はん濫注意水位)に達すると、地元の水防団の方々が中心となって河川を巡視(見回り)し、堤防などに異状が無いかを確認しています。
 この際、河川を巡視する区間は長いため、現在の堤防の高さや幅、過去の漏水などの実績などから、あらかじめ水防上重要な区間(『重要水防箇所』)を定めておくことで、より効率的な巡視ができ、危険な箇所の早期発見につながります。
 このような考えから、毎年『重要水防箇所』を定めるとともに、洪水の多発する時期の前に、関係者によってその年の『重要水防箇所』を確認する合同巡視などを行っています。
 洪水時に異常が発見された時は、堤防が壊れないように土のうを積むなどの「水防活動」を行いますが、市町村から避難の呼びかけや避難勧告等が発令された時は速やかに避難してください。

重要水防箇所一覧表

重要水防箇所図

  • 重要水防箇所

お問合せ先

治水課

  • 住所:旭川市宮前1条3丁目3番15号
  • 電話番号:0166-32-4245

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 重要水防箇所について