現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 国際貢献
  4. 北海道開発局における国際協力の歩み

北海道開発局における国際協力の歩み

北海道開発局における国際協力の歩み ~JICA研修コースの開設20年の記録~

 北海道開発局は、北海道開発の経験や知識を活かした国際協力活動として、平成4年度から独立行政法人国際協力機構(JICA)と連携し、地域開発に携わる開発途上国の行政官を対象とした研修員の受入を行っています。
 このコーナーでは、北海道開発局におけるJICA研修コースの開設から20年を迎えたことから、これまでの研修事業の実績と成果を紹介します。

まえがき

1 北海道開発局によるJICA研修コース開設の背景

(1)我が国の政府開発援助の歴史
(2)我が国の政府開発援助を構成する政策手段
(3)北海道開発に対する開発途上国の関心

2 北海道開発局による研修コースの開設実績

(1)研修コースの開設に至る流れ
(2)研修員の職位
(3)各研修コースの受入れ実績の概要
(4)他の機関が実施する研修への協力

3 北海道開発局が世界に伝える地域開発の経験 ~研修コースの内容~

(1)北海道総合開発システム
(2)北海道開発の成果
(3)地域開発体制の考察
(4)ファシリテーション(理解促進)プログラム

4 各国の研修員の目に映った北海道開発の経験

5 北海道開発の知見をどう活かすか ~スタディレポート、アクションプラン~

(1)地域の総合開発をテーマとしたレポート
(2)分野別の施策事例をテーマとしたレポート
 

6 世界に活かされる研修の成果

(1)研修員からの報告
(2)現地活動に対する積極的な協力活動の事例
(3)JICA理事長表彰の受賞

7 研修内容の充実に向けた取組

(1)研修コース見直し検討会の開催
(2)調査チームの海外派遣
(3)アクションプランの作成

あとがき

 

※本資料中の研修員の肩書きは当時のものを用いています。

お問合せ先

開発監理部 開発計画課 国際室

  • 電話番号:011-709-2311(内線5466)
  • ファクシミリ:011-726-2352

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 国際貢献
  4. 北海道開発局における国際協力の歩み