現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 産業連関表

産業連関表

北海道産業連関表

統計の概要

統計の目的
 北海道開発局においては、北海道総合開発計画を立案・推進する上で、北海道の経済・社会動向を的確に把握する必要があることから、道内の産業構造及び産業間の相互依存関係を計量的に明らかにする基礎資料として「北海道産業連関表」を作成しており、昭和30年表からおおむね5年ごとに作成しています。
  また、5年ごとの作成の間を補完する「延長北海道産業連関表」、「北海道産業連関表」を道内6地域(道央、道南、道北、オホーツク、十勝、釧路・根室)に分割した「北海道内地域間産業連関表」、建設部門を細分化した「北海道建設部門産業連関表」を作成しております。
 
統計の活用
 「北海道産業連関表」を用いることにより、北海道経済の将来予測、諸政策の経済波及効果分析を行うことが可能であることから、北海道総合開発計画の立案・推進に関する基礎資料となるほか、地方公共団体、大学、各種研究機関等においても幅広く活用されています。
 「北海道内地域間産業連関表」は、道内各地域の経済構造、各地域間の交易による相互依存関係などについて明らかにする基礎資料として活用されています。

 また、専門的な知識を必要とせずに経済波及効果を算定することが可能な「経済波及効果分析ツール」、道内の自治体などが比較的簡易に産業連関表を作成できる方法を「小地域産業連関表作成研究会」にて検討しております。
 大学生などを対象して、産業連関表や経済波及効果について説明しました「経済分析セミナー&ワークショップ」も掲載しております。

北海道産業連関表各種表

北海道産業連関表の活用

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 産業連関表