現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 香深港 (かふかこう) (船泊分港 (ふなとまりぶんこう))

香深港 (かふかこう) (船泊分港 (ふなとまりぶんこう))

香深港 (かふかこう) (船泊分港 (ふなとまりぶんこう))

港格

地方港湾

港湾管理者

船泊港の概要

香深港(船泊分港)

 船泊港は、礼文島の北部、船泊湾に位置する地方港湾で、生活物資の流通及び工事用資材の搬入港として香深港の補完港の役割を担っている。また、島内唯一の灯油備蓄基地があり、島民の生活安定に寄与している。
 本港は、港湾施設用地に、水産物荷捌き冷蔵・冷凍施設が隣接しており、水産物の陸揚げ、荷捌き、保管の一連作業が効率的に行われ、漁獲物の鮮度保持、就労環境などの改善が図られている。平成11年には就労環境向上を目的とする防風施設の整備を図り、物揚場(-4.0メートル)(改良)に着手し平成13年度に完成した。
 船泊港は、港内静穏度向上や港内への砂の流入を防止する外郭施設の整備を行い、平成16年度整備完了をもって整備休止となっている。
 また、平成17年に香深港と統合し、船泊分港となり、平成26年から整備を再開している。
 
 

船泊港の沿革

  • 昭和3年 第2期拓殖計画に基づき船入潤に着工
  • 昭和25年 地方港湾に指定
  • 昭和28年 船泊村が港湾管理者となる
  • 昭和31年 香深村と船泊村の合併により礼文村が港湾管理者となる
  • 昭和34年 礼文村が町制を施き礼文町が港湾管理者となる
  • 昭和45年 稚内~鴛泊~船泊間に500トン級フェリー就航
  • 昭和55年 フェリー対応岸壁(-6.0メートル)完成
  • 平成4年 フェリー就航が休止
  • 平成13年 防風雪施設(物揚場(-4.0メートル)(改良))完成
  • 平成16年 北防波堤(改良)完了
  • 平成17年 香深港との港湾統合により船泊分港となる    

取扱貨物量

 ※香深港との統合により、平成19年より船泊分港の貨物量は香深港に合算している。

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5617)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 香深港 (かふかこう) (船泊分港 (ふなとまりぶんこう))