現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 浦河港 (うらかわこう)

浦河港 (うらかわこう)

浦河港 (うらかわこう)

港格

地方港湾

港湾管理者

浦河港の概要

浦河港
 浦河港は、日高山系と太平洋海岸線に囲まれた、北海道の中では、気候が温暖な地域である日高東部に位置する地方港湾である。
 浦河町は、明治時代に支庁(現:振興局)が設置されたのをはじめ各官庁の出先機関が設置されるなど、日高地方の政治、経済、文化の主導的位置をしめている。
 本港は、明治6年に測量実施、大正10年に第1期拓殖計画に繰り入れられ、建設工事に着手。昭和28年には地方港湾の指定を受けた。
 日高地方の地方港湾としては最大の-7.5メートル岸壁が整備されており、管内の物流の拠点となっている。近年、取扱量が上昇しているカンラン岩(様似町産)は、製鉄工程に必要な副原料として本州に移出され、日本の製鉄業を支えている。
 また、えりも沖を中心とした漁業の基地港として、地域の産業・経済に重要な役割を果たしている。特に、イカ漁の最盛期では、全国から多くの外来漁船が寄港し、本港で水揚げをしている。
 さらに、物流・水産業の基地として整備をすすめていくことにより、日高地方の拠点港として、さらなる発展が期待されている。

浦河港の沿革

  • 大正10年 浦河港修築事業に着手
  • 昭和25年 港湾区域設定
  • 昭和28年 地方港湾の指定(3月31日) 浦河町が港湾管理者となる
  • 昭和47年 港湾整備拡張に伴い港湾区域変更
  • 昭和53年 浦河港臨海部土地造成埋立工事着工
  • 平成6年 漁協の製氷貯氷施設完成
  • 平成13年 臨港道路完成
  • 平成18年 外航船初入港「ビエンドン3号(4,095トン)」
  • 平成23年 物揚場(-4.0メートル)防風施設完成

取扱貨物量

(単位:千トン)
区分
平成28年
取扱貨物量
平成29年
H29/H28対
前年比
取扱貨物量 主要品種名
内貨 移出 295 255 非金属鉱物、その他製造工業品、重油 0.86
移入 164 57 砂利・砂、水産品、その他製造工業品  0.35
 460 312    0.68
合計 460  312   0.68
北海道開発局港湾計画課調べ

お問合せ先

港湾空港部 港湾計画課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5617)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 港湾計画課
  3. 各みなとの紹介
  4. 浦河港 (うらかわこう)