現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川管理課
  3. AI/Eye River(アイ・リバー)

AI/Eye River(アイ・リバー)

トピックス

  • R4.3.4  第2回AI/Eye River(アイ・リバー)ワーキングを開催しました。
  • R3.11.11  第1回AI/Eye River(アイ・リバー)ワーキングを開催しました。

AI/Eye River(アイ・リバー)ワーキングとは

北海道開発局では、将来の担い手不足やインフラ老朽化の進展等に対応するため、生産性向上を目指すインフラDXを推進しています。その一環として河川維持管理分野においては、AIによる画像解析技術を活用し、河川空間管理や構造物点検等の高度化・効率化を図る取組を開始いたします。
  • アイ・リバーワーキングの画像

AI/Eye River(アイ・リバー)ワーキングの開催

担い手不足やインフラ老朽化の進展に対応するため、AI・IoT・ビッグデータ/複雑ネットワーク処理に基づくマルチメディア解析技術の実社会応用について研究を実施している北海道大学大学院情報科学研究院 小川 貴弘准教授と寒地土木研究所をアドバイザーに迎え、河川空間管理や構造物点検等の高度化・効率化を図る取組を進めます。

お問合せ先

建設部 河川管理課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5972・5974)

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川管理課
  3. AI/Eye River(アイ・リバー)