現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 治水事業
  4. 十勝川流域の概要

十勝川流域の概要

十勝川流域の概要

十勝川流域の概要

十勝管内と十勝川流域

十勝管内と十勝川流域

 十勝川は、北海道の屋根大雪連峰十勝岳を源に、音更川・札内川・利別川など多くの支流を合流しながら広大な十勝平野を南下し、流域内人口33万人(平成22年国勢調査)の方々に大きな恵みを与え、太平洋に注いでいる一級河川です。その幹川流路延長は156キロメートル(全国17位)で、流域面積は9,010キロメートル2(全国6位)を誇ります。
十勝川いかだ下り

十勝川いかだ下り

 河川内では、カヌー等の水面を利用した各種アウトドアスポーツ、イカダ下りなどの周辺地域と社会、文化と深く結びついたイベントが開催されるなど、利用が盛んに行われ、また、流域の上流部や支川の札内川には、全国的にも珍しいケショウヤナギが群生し、特に札内川は、清流日本一に8度も輝くなど、豊かな自然環境が形成され、地域のみなさんの憩いの場となっています。
seiryuusatunaigawa

札内川

 十勝川で本格的な治水事業が始まったのは大正12年です。それからおよそ80年が経ち、その間に、流域の産業は著しい発展をとげ、人口・資産とも飛躍的に増大してきました。この十勝川流域の生命や財産を守るため、また、やすらぎのあるくらしをつくるために、治水事業をすすめていくとともに、自然豊かな河川環境を後世に引き継げるような川づくりを実施していきます。

十勝川水系の概要

  • jouryu02

    上流

  • 河口

    河口

十勝川水系主な河川
河川
河川名 流路延長(キロメートル) 流域面積(キロメートル2)
十勝川 156 9,010
札内川 82 725
利別川 150 2,855
音更川 93 740

母なる川のプロフィール

■清らかな水
 帯広市を流れる札内川の水は平成3年、5年、7年~9年、11年、14年、17年の計8回清流日本一となっており、全国でも指折りの「おいしい水」として定評があります。
■北海道のエネルギー基地
 十勝川水系の年間発生電力量は北海道における水力発電の約26%を占めるもので、道東はもちろん、札幌方面へも送電されています。

十勝川の歴史

 "十勝川流域の本格的な開拓は、明治16年にはじまり、明治31年の出水を契機として、大正7年に十勝川の治水計画の大綱がたてられました。本格的な河川改修は、大正12年に始まり、現在まで精力的に自然環境との調和を図りながら改修工事を進めています。"

蝶多(八木沼)渡船場

蝶多(八木沼)渡船場

十勝川治水の歴史
 十勝川流域の本格的な開拓は、明治16年、伊豆出身の依田勉三が同志とともに北海道開墾晩成社を組織し、「清洌玉の如き水郷※オベリベリ」に入植したことにはじまり、その後多くの開墾者が入地しました。物資を輸送するために、十勝川河口の大津を起点として、茂岩、利別、幕別、猿別、帯広、芽室へと、十勝川を行き来する川船も多くなり、これらの市街地は「川港市街」として栄えました。
各種画像
 しかしながら、開拓が進む中で予期しない十勝川の大洪水が度々おこり、
明治31年の秋に発生した大洪水では、罹災2000戸、畑流出冠水6000haの被害をもたらしました。
これを契機として、抜本的な治水計画策定の必要性が認識され、大正7年に十勝川の
治水計画の大綱がたてられました。
 十勝川の本格的な河川改修は、大正12年に池田町市街裏の堤防と新水路の
掘削および鉄道橋上流の堤防工事から着手され、当時は人力で土砂を積込み、
馬力トロ運搬(馬にトロッコを引かせる)で土砂を運ぶ方法によって工事が進められました。
 昭和の初め頃には十勝川の中流区間の新水路工事に重点が置かれましたが、
戦時中は工事の一時中断や規模縮小が余儀なくされました。
戦後は軍事施設に徴用されていた建設機械(エキスカベーターや蒸気機関車等)が復帰し、
十勝川下流部での掘削、浚渫および無堤地区の解消に重点が置かれ、
精力的に十勝川水系の改修工事を進めてきました。
札内川ダム

札内川ダム

 また、洪水調節等を行う多目的ダムとして、昭和59年には十勝ダム(洪水調節、発電)が完成し、平成10年には札内川ダム(洪水調節、水道・農業用水利用、発電)が完成しました。現在も洪水被害を減らすために、洪水に安心で、しかも人にもやさしい丘陵堤の整備や池田町千代田地区で実施している新水路事業を始めとして、自然環境との調和を図りながら改修工事を進めています。
  • 豊頃町礼作別地区のビオトープ

    豊頃町礼作別地区のビオトープ

  • 丘陵堤の様子

    丘陵堤の様子

※オベリベリ

→帯広の名の由来〜アイヌ語の「オペレペレケプ(川尻がいくつも分かれる川)」がなまってオベリベリ」そして「帯広」になったと考えられています。

十勝川の主な水害
発生日 発生原因 被災市町村 被害状況
明治31年9月 大雨 十勝地方 死者21人、
家屋全壊128戸
大正11年 8月 台風 豊頃村外 死者9人、
家屋全壊240戸
昭和11年 7月 低気圧 十勝管内 死傷者2人、
家屋流出倒壊968戸
昭和32年 9月 低気圧 幕別町、池田町、豊頃町外 死者1人、
家屋浸水644戸
昭和37年 8月 台風9号 帯広市、音更町、豊頃町 死傷行方不明者6人、
河岸侵食等309箇所
昭和39年 6月 低気圧 音更町、本別町、浦幌町外 死者2人
昭和51年10月 低気圧 池田町、本別町外 負傷者6人、
河岸侵食等88箇所
昭和56年 8月 低気圧 帯広市、音更町、芽室町外 河岸侵食等407箇所
昭和63年11月 低気圧 池田町、本別町外 床上床下浸水383戸
平成 2年11月 低気圧 池田町、豊頃町外 床上床下浸水31戸
平成10年8月 低気圧 池田町、本別町、豊頃町外 床上床下浸水13戸
平成10年9月 台風5号 池田町、幕別町、豊頃町外 床上床下浸水285戸
平成13年9月 台風15号 豊頃町、浦幌町外 床上床下浸水 7戸
平成14年10月 台風21号 幕別町外 床上床下浸水21戸
平成15年8月 台風10号 本別町外 床上床下浸水51戸

お問合せ先

治水課

  • 住所:北海道帯広市西5条南8丁目
  • 電話番号:0155-24-4105

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 治水事業
  4. 十勝川流域の概要