現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌河川事務所
  3. 札幌河川事務所
  4. 豊平川直轄砂防事業
  5. 砂防施設とは?

砂防施設とは?

砂防施設(さぼうしせつ)とは?

砂防堰堤(さぼうえんてい)
堰堤1

~平穏時(へいおんじ)~

主(おも)に川(かわ)の上流(じょうりゅう)につくります。土石流(どせきりゅう)を直接受(ちょくせつう)けとめ、土砂(どしゃ)を貯(た)めて土砂(どしゃ)が流(なが)れ出(だ)すのを防(ふ)ぎます。
堰堤2

~豪雨時(ごううじ)~

渓流保全工(けいりゅうほぜんこう)
保全工1

~平穏時(へいおんじ)~

川(かわ)が曲(まが)っていると水(みず)の氾濫(はんらん)の原因(げんいん)になります。護岸(ごがん)と落差工(らくさこう)の組合(くみあわ)せで、水(みず)の流(なが)れを制御(せいぎょ)して河床(かしょう)や岸(きし)が削(け)ずられることを防(ふせ)ぎます。
保全工2

~豪雨時(ごううじ)~

遊砂地(ゆうさち)
遊砂地1

~平穏時(へいおんじ)~

川幅(かわはば)を広(ひろ)くし、流(なが)れてきた土砂(どしゃ)を一時的(いちじてき)に貯(た)める施設(しせつ)です。ふだんは川(かわ)のほとりの公園(こうえん)としてみんなが利用(りよう)できる広場(ひろば)になっています。
遊砂地2

~豪雨時(ごううじ)~

落差工(らくさこう)
落差工
勾配(こうばい)が急(きゅう)な川(かわ)を階段(かいだん)のような落差(らくさ)によって川(かわ)の流(なが)れを安定(あんてい)させます。また、土石流(どせきりゅう)が通過(つうか)する時(とき)、威力(いりょく)を弱(よわ)めます。

お問合せ先

札幌河川事務所

  • 住所:札幌市南区南32条西8丁目2-1
  • 電話番号:011-581-3235

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌河川事務所
  3. 札幌河川事務所
  4. 豊平川直轄砂防事業
  5. 砂防施設とは?