現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌北農業事務所
  3. 事業の目的、事業概要

事業の目的、事業概要

ページ内目次

事業の目的、事業概要

事業の目的

 本地域では、昭和30年から世界銀行の融資等を受けて「篠津地域泥炭地開発事業」として本格的な整備が進められ、石狩川 頭首工や篠津幹線用排水路(通称:篠津運河)などが造成され、泥炭の原野は、道内有数の水田地帯となりました。
 その後、営農技術の進歩に伴い冷害防止の深水用水など農業用水の需要増大への対応が必要となり、また、老朽化も進んだことから石狩川頭首工は平成7年に着手した国営かんがい排水事業「篠津中央二期地区」により全面改修(直下流に新築)を行い、平成29年に完成しました(新頭首工は平成25年11月に供用開始)。
昭和40年度から、石狩川頭首工、篠津幹線用排水路を地域の基幹的水利施設として一体的に適正に管理し、農業生産の安定と地域経済の持続的な発展に寄与することを目的とし、国営造成施設直轄管理事業「篠津地区」が開始され、国自ら管理を行っています。
  • 石狩川頭首工(新と旧(手前側)) 石狩川頭首工(新と旧(手前側))
  • 篠津幹線用排水路(通称:篠津運河) 篠津幹線用排水路(通称:篠津運河)
  • 受益面積

事業概要図

  • 位置図
  • 事業概要図
  • 事業目的別面積

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌北農業事務所
  3. 事業の目的、事業概要