現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 函館空港

函館空港

ページ内目次

函館空港

北海道南部の玄関口は、歴史が息づく経済・観光の拠点

  • 新千歳空港
 函館空港は北海道南部の政治、経済、文化の中心地であるとともに、観光資源にも恵まれた函館市の市内中心部から約10kmの海岸沿いに位置しています。昭和36年の開港以来輸送実績は増加し、平成27年の速報値では新千歳空港に次ぐ北海道内第2位の輸送量を誇る北海道南部の空の玄関となっています。平成11年3月には冬季の大型機の安定運航のために延長された3,000m滑走路が供用開始となり、平成10年度から始まった、観光客等の増加に対応するためのターミナル地域の拡張整備も、バリアフリーやユニバーサルデザインに配慮した施設が平成17年度の新ターミナルビルのオープンに併せて整備されました。
〈概況〉 〈沿革〉
設置管理者: 国土交通大臣
位置: N41°46’12”
E140°49’19”
標高: 34.1m
面積: 164ha
着陸帯: 3,120m×300m A級
滑走路: 3,000m×45m LA-1
誘導路: 3,406m×23~34m
エプロン: 109,247㎡ LJ3、MJ2、SJ1、P3、S1
航空保安施設等: ILS CAT1 12
駐車場: 21,902㎡ 548台
ターミナルビル: 24,000㎡
運用時間: 7:30~20:30
昭和36年4月 函館空港開港
(滑走路1,200m)
昭和46年8月 ターミナルビル供用
昭和46年11月 滑走路延長(2,000m)
昭和51年9月 ソ連ミグ25強行着陸
昭和53年12月 滑走路延長(2,500m)
平成4年7月 滑走路延長事業着手
平成6年4月 国際定期路線開設(ユジノサハリンクス線)
平成11年3月 滑走路延長(3,000m)
平成11年4月 新ターミナル拡張事業着手
平成17年6月 新ターミナルビル供用
平成18年6月 国際定期路線開設(仁川線)
平成24年9月 国際定期路線開設(台北線)
  •  〈アクセス〉

    〈アクセス〉

空港とその周辺の情勢

地図
 人口約30万人の函館市は、安政6年(1856年)に横浜、長崎とともに我が国最初の貿易港となり、以来、東洋と西洋の文化が混在する独特の文化を形成し発展してきました。函館市とその周辺は、函館山からの美しい夜景、教会や修道院を始めとする数多くの歴史的建造物、大小の湖沼がある大沼国定公園など、毎年多くの観光客が訪れる北海道でも有数の観光地となっており、国際観光モデル地区指定を受けている地域でもあります。平成27年3月26日に北海道新幹線新青森~新函館北斗が開業しました。これで函館港からの本州航路と合わせ、道南圏の陸、海、空の交通機能がそろったことになります。その中で函館空港は、道外の遠方都市と直接結ばれる交通機関としての重要な役割を担っているとともに、平成18年6月にはソウル線、平成24年9月には台北線が開設されるなど、今後の国際化への動きにも大きな期待が寄せられています。

空港関連情報

リンク(外部サイトへ移動します)

北海道開発局において、空港整備を担当しています。
空港を管理しています。
ターミナルビルを管理・運営しています。

お問合せ先

港湾空港部 空港・防災課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5630)
  • ファクシミリ:011-709-2147

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 空港・防災課
  3. 北海道の空港
  4. 北海道にある空港
  5. 函館空港