現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 江別河川事務所
  3. 江別河川事務所
  4. 石狩川下流幌向地区自然再生
  5. 再生に向けた取組の状況

再生に向けた取組の状況

再生に向けた取組の状況

取組の状況(遮水整備)

遮水整備前(平成27年9月)            遮水整備後(平成28年9月)
  • 画像
遮水整備後(平成29年9月)遮水盛土        遮水整備後(平成29年10月)遮水盛土
  • 画像
  • 画像
 ※遮水盛土上は歩行等禁止です。           遮水盛土にも湿生植物を移植しています。
  • 画像
  • 画像
 遮水整備により、泥炭層からの水のしみ出しが減少し、地表面水位が上昇。
 湿生植物の生育環境として水質的にも向上しており、継続して観測しています。

取組の状況(湿生植物の移植)

画像

※ミーティングの写真など ※上記は例

平成29年9月

ワークショップ(湿原再生ミーティング)
で湿生植物の導入計画などを話し合い、
決めていきます。

(平成29年度はミーティングを4回実施)
画像
平成29年10月

再生地内での移動と管理のために
踏板を配置しました。

再生地内の保護等のため、原則
として踏板の上を歩行します。

(写真は再生地でのイベント時状況)
画像
平成29年10月

湿生植物を移植する範囲や位置を
現地で測定して定めます。
画像
平成29年11月

ワークショップ(湿原再生ミーティング)
で協議のうえ、定めた種類の湿生植物
の苗を用意します。

平成29年度は、ミズゴケと比較的、
生育が早い種などを導入します。
画像
平成29年11月

定めた範囲に湿生植物の
現地導入を行いました。
画像
平成29年11月

湿生植物の導入状況

今後も導入、生育状況の調査を
継続して行います。
画像
平成30年11月

H30年度も継続して湿生植物を
導入しました。
雪が降る中での作業となりました。
画像
平成30年11月

導入した湿生植物の例

今まで導入した湿生植物と
合わせて調査していきます。

取組の状況(利活用・事業紹介ほか)

環境学習・出前講座など
現地見学、出前講座など、ご要望がありましたらご連絡ください。

【連絡先】
江別河川事務所
住所:江別市高砂町5
電話番号:011-382-2358
現地イベントなど
地域連携(イベント)による湿性植物の移植
写真
平成29年度10月
再生地現地イベント
(幌向湿原巡りフットパス)

参加者で湿生植物を移植しました。
写真
平成30年度9月
再生地現地イベント
(幌向湿原巡りフットパス)

参加者で昨年度移植した湿性植物の状況を確認しました。

元気に根付いています。
過去の幌向湿原(夕張川流域)などの風景や記録
画像
幌向湿原の写真
(1923年)
(北海道大学付属図書館所蔵より)
画像
幌向湿原の写真
(1925年)
(北海道大学付属図書館所蔵より)
※湿生植物と思われる植物が繁茂していた様子がうかがえます。

お問合せ先

江別河川事務所

  • 住所:江別市高砂町5
  • 電話番号:011-382-2358

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 江別河川事務所
  3. 江別河川事務所
  4. 石狩川下流幌向地区自然再生
  5. 再生に向けた取組の状況