現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 水質情報
  5. 情報提供資料 水質関連の用語解説

情報提供資料 水質関連の用語解説

ページ内目次

水質関連の用語解説

基本項目(生活環境項目)

項    目 特          性 基準値
A類型 B類型
PH
(水素イオン濃度)
水の酸性・アルカリ性の度合い
を示す指標です。PH7のときは
中性、7より数値が小さい場合
は酸性、大きい場合はアルカ
リ性です。PHの急激な変化は
有害物質の混入などの異常が
あったことをしめします。
6.5以上
8.5以下
6.5以上
8.5以下
DO
(溶存酸素)
水中に溶解している酸素量の
ことで、魚類をはじめとする水生
生物の生活には不可欠なもので
あり、有機物による汚染が著し
いほど低い値を示します。
7.5mg/L以上
5mg/L以上
BOD
(生物化学的酸素要求量)
水中の比較的分解されやすい
有機物が、溶存酸素の存在の
もとに微生物によって酸化分解
される時に消費される酸素の
量で、BODが高いということは
溶存酸素が欠乏しやすいことを
意味し10mg/L以上では悪臭の
発生などの障害が現れ始めま
す。最も広く使われている汚濁
の指標です。
2mg/L以下
3mg/L以下
COD
(化学的酸素要求量)
水中の被酸化性物質(主と
して有機物)を、酸化剤で酸化
する際に消費される酸化剤の
量を酸素量に換算したもので、
BODとともに有機汚濁の指標と
してよく用いられます。
環境基準は河川については
BODで、湖沼および海域につい
てはCODで設定されています。
SS
(浮遊物質)
水中に懸濁している不溶解性
の粒子状物質のことで、粘土
鉱物に由来する微粒子や、動植
物プランクトンおよびその死骸、
下水・工場排水などに由来する
有機物や金属の沈澱などが
含まれます。
25mg/L以下
25mg/L以下
大腸菌群数 大腸菌群とは、大腸菌および
大腸菌ときわめてよく似た性質
を持つ細菌の総称です。大腸菌
群は一般に人畜の腸管内に
存在するもので、これが水中に
存在することはその水が人畜の
し尿の汚染を受けた可能性が
あることを意味します。
1,000MPN/
100mL以下
5,000MPN/
100mL以下
全窒素 水中に含まれるすべての
窒素化合物は無機態窒素と
有機態窒素に大別され、その各
形態の窒素を合わせたものを
全窒素といい、富栄養化の指標と
してもっともよく使われます。
富栄養と貧栄養の限界値は全素
で0.15~0.2mg/L程度とされて
います。
全燐 水中のリン化合物もまた無機
態と有機態に区別されます。
通常の水質分析では有機態リンも
含めリンの総量として全リンが
測定されます。人為的負荷源とし
ては、流出した土壌、森林や農地
に過剰散布された肥料や農薬、
家庭排水や、し尿、工場排水、
畜産排水などがあります。
富栄養化の目安としては、
全リンで0.02mg/L程度とされて
います。

健康項目

水質汚濁に係る環境基準のうち、生活環境の保全に関する環境基準の定められている項目で、最も基本的な水質項目です。

項    目
特          性
基準値
カドミウム カドミウムは、地殻中の存在量は
ごくわずかですが、亜鉛と共存する形で
自然界に広く分布しています。人体に
対する毒性は強く、公害病として有名な
イタイイタイ病は、慢性カドミウム中毒に
よる腎機能障害、重症の骨軟化症とさ
れています。カドミウムの人為的汚染源
は、亜鉛、銅の採掘精錬に伴う鉱山
排水や、電池製造、金属加工などの
工場排水が主なものです。
0.01mg/L以下
全シアン シアンは、自然水中にはほとんど含
まれませんが、メッキ工場や金属精錬所
など青酸化合物を使用する事業所など
の排水の混入によって含まれることが
あります。青酸カリに代表されるように、
シアン化合物は一般に毒性が強く、
微量でも水生生物や下水浄化微生物
に障害を与えます。
検出されないこと
鉛中毒の症状としては、食欲不振、
頭痛、貧血、全身倦怠などがあります。
鉛による水質汚染は、鉱山排水あるい
は鉛鉱床を含む地質によるもののほか、
工場排水(特に鉛精錬、蓄電池、農薬
など)の流入および自動車排ガスや
工場排煙中の鉛化合物が降下すること
によって起こります。
0.01mg/L以下
六価クロム 水中のクロムは通常三価または六価の形で
存在しますが、六価のものは毒性が強いため
有害物質として厳しく規制されています。
六価クロムの毒性は主にその強い酸化力に
よるもので、胃腸炎や腎炎、皮膚炎、肺ガンなど
を引き起こします。汚染源としては、鉱山廃水
およびクロムメッキなどの産業廃水などが
挙げられます。
0.05mg/L以下
ヒ素 ヒ素の毒性は古くから知られていましたが、
昭和30年に発生した森永ヒ素ミルク事件で
改めて認識されました。人為的な汚染源
としては、製薬、化学、半導体などの工場排水
、鉱山排水、農薬などが考えられます。
水質汚濁で問題になるのは主に慢性中毒で、
ヒ素を含有する水を常用すると、体重減少、
知覚障害、ガンなどの障害が現れると
いわれています。
0.01mg/L以下
総水銀 水銀は工業用、農薬用、医薬用など
多くの用途に使用されてきました。
無機水銀と有機水銀に分けられ、
これらの水銀を一括して総水銀としています。
生物にとってきわめて有害な物質で、
急性的にも慢性的にも中毒が起こります。
水質汚染源としては、水銀を多量に使用する
工場からの排水や農薬がありましたが、
医薬品や実験用試薬などとして現在でも
無機水銀が使用されており、その廃棄物の
一部が直接間接に水圏に入っています。
0.0005mg/L以下
アルキル水銀 アルキル水銀とはアルキル基と水銀が
結び付いた有機水銀化合物の総称です。
アルキル水銀は消化管あるいは肺や
皮膚から容易に吸収され、特に脳に
蓄積して知覚障害、運動失調、
言語障害などの中枢神経障害
-いわゆる水俣病を引き起こします。また
アルキル水銀で特に重要なことは高度な
生物濃縮が起こることで、水中の濃度は
わずかであっても魚介類の中に高濃度に
蓄積されて毒性を発揮する可能性があります。
検出されないこと
PCB
(ポリ塩化
ビフェニール)
有機塩素系の化合物で、工業用資材
として優れていたため、広く使われてい
ました。しかしPCBは水、土壌及び大気中で
光や微生物等によって分解されないため、
環境や生態系を汚染し、さらに食物連鎖の
中で生物濃縮され、人体への蓄積も
起こってきています。慢性毒性としては
肝機能障害等が知られています。
現在ではPCBの製造、輸入および使用は
事実上禁止されています。
検出されないこと
ジクロロメタン 常温常圧で無色透明の水より重い
液体で、芳香臭があります。揮発性は
低く、水中から大気への揮散もあまり
ありません。溶剤、ウレタン発泡助剤、
エアロゾルの噴射剤、冷媒などに
使用されています。急性中毒症状は、
麻酔作用(めまい、嘔吐、
四肢の知覚異常、昏睡)があります。
発ガン性の疑われる物質であり、
公共用水域や地下水において比較的
広くかつ高いレベルでの検出がみられ
ることから、環境基準項目に加えられました。
0.02㎎/l以下
四塩化炭素 大気中で安定で、オゾン層破壊の
原因物質の一つでもあります。
かつてはもっともよく用いられた
有機溶剤の一つですが、毒性(頭痛、
麻酔作用、嘔吐、肝・腎障害等)が
強いため現在では溶剤としては
あまり使われていません。
平成5年3月より環境基準項目に加えられました。
0.002mg/L
1,2-ジクロロエタン 主な用途は塩化ビニルモノマー
の製造原料で、他に樹脂原料、
溶剤、洗浄剤としても使われて
います。中毒症状は四塩化炭素と
類似のもので、発ガン性も疑われ
ています。公共用水域や地下水に
おいて比較的広くかつ高いレベル
での検出がみられることから、
環境基準項目に加えられました。
0.004mg/L以下
1,1-ジクロロ
エチレン
空気や酸素の存在で過酸化物を
つくり、爆発性を持ちます。用途はほ
とんどが塩化ビニリデン樹脂の
原料です。生体影響は、麻酔作用があり、
肝臓や腎臓に障害が認められ、
動物実験では発ガン性を認めた報告も
あります。公共用水域や地下水において
比較的広くかつ高いレベルで検出されて
いることから、環境基準項目に加えら
れました。
0.02mg/L以下
シス-1,2-ジクロロ
エチレン
溶剤、染料抽出剤、熱可塑性樹脂の
製造、有機合成原料などの用途があり
ます。急性症状は中枢神経の抑制作用
が主で、肝・腎の障害は少ないとされて
います。公共用水域や地下水において
比較的広くかつ高いレベルで検出されて
いることから、環境基準項目に加えられ
ました。
0.04mg/L以下
1,1,1-トリクロロ
エタン
オゾン層破壊の原因物質の一つで
す。毒性は低く、中毒症状は軽度の
麻酔作用や目の刺激です。ドライクリー
ニング用洗剤などとして大量に使用され
、その結果広範囲に地下水を汚染して
いることが明らかになり、平成5年3月よ
り環境基準項目に加えられました。
1mg/L以下
1,1,2-トリクロロ
エタン
溶剤としての用途の他に、粘着剤、
テフロンチューブの製造などに利用さ
れています。毒性は中枢神経抑制と
肝臓障害で、肺からの吸収の他に
経皮吸収にも注意を要するとされ、
動物実験では発ガン性を疑わせる
データもあります。公共用水域や
地下水において比較的高いレベル
での検出がみられることから、環境
基準項目に加えられました。
0.006mg/L以下
トリクロロエ
チレン
溶剤として優れた特性を持つこと
から、金属機械部品の脱脂洗浄剤な
どの用途に広く使われてきましたが、
近年、広範囲に地下水を汚染してい
ることが判明して問題となっています。
急性毒性としては目、鼻、のどの
刺激や頭痛、麻酔作用などがあり、
慢性的には肝臓や腎臓への障害の
ほか、発ガン性も疑われています。
平成5年3月より環境基準項目に
加えられました。
0.03mg/L以下
テトラクロロ
エチレン
トリクロロエチレンと並んで広く
使用されてきた有機溶剤で、ドライ
クリーニングの洗剤、金属の脱脂
洗浄、フロン113の原料、メッキ、
医薬品、香料、殺虫剤などの用途
があります。性状、毒性などはト
リクロロエチレンとほぼ同様ですが
、トリクロロエチレンよりも代謝され
にくく蓄積されやすいといわれてお
り、環境基準項目に加えられてい
ます。
0.01mg/L以下
1,3-ジクロロ
プロペン
可燃性、金属腐食性があります。
強い刺激作用があり、動物実験で
は肝・腎障害が認められるほか、
発ガン性の可能性も認められてい
ます。線虫駆除用の土壌燻蒸剤とし
て畑地などで使用されています。
公共用水域において比較的高いレ
ベルでの検出がみられることから
、環境基準項目に加えられました。
0.002mg/L以下
チラウム 強い殺菌力を有することから、
種子消毒、茎葉散布、土壌処
理用の殺菌剤として、農地や
ゴルフ場で使用されています。
人体の中毒症状としては、咽頭
痛、咳、痰、皮膚の発疹・痛痒感
、結膜炎、腎障害などがあります。
公共用水域において比較的高い
レベルでの検出がみられること
から、環境基準項目に加えられ
ました。
0.006mg/L以下
シマジン 畑地やゴルフ場で除草剤として
広く使用されていました。急性毒性
はごく低い農薬ですが、変異原性
や発ガン性の疑いを指摘する意見
もあります。公共用水域において
比較的広くかつ高いレベルで検出
されていることから、環境基準項目
に加えられました。
0.003mg/L以下
チオベンカルブ 水田の初期除草剤として使用
されることから、河川水から
比較的高い濃度で検出された例が
あるほか、魚介類からも検出例が
あります。公共用水域において
比較的広くかつ高いレベルでの
検出がみられることから、環境
基準項目に加えられました。
0.02mg/L以下
ベンゼン かつては典型的な有機溶剤と
して使用されましたが、現在は
もっぱら工業用原料(染料、溶剤
、合成ゴム、合成皮革などの
合成原料)として使用されています。
麻酔作用をもち、さらに反復暴露
により骨髄の造血機能障害を
引き起こします。また、発ガン性
も確認されています。公共用水域
や地下水において比較的広く
検出されていることから、
環境基準項目に加えられました。
0.01mg/L以下
セレン セレンは地球上に微量ながら
広く存在し、半導体、塗料、
殺虫剤、触媒などに広く利用
されています。生体必須元素の
一つですが、毒性金属でもあり、
慢性中毒症状としては貧血、
皮膚・胃腸障害などがあります。
公共用水域や地下水において
比較的広くかつ高いレベルで
検出されていることから、環境
基準項目に加えられました。
0.01mg/L以下
ホウ素 ほう素はさまざまな化合物
の形で自然界に広く存在し、
医薬用や工業用に広く用いら
れています。動植物の必須
元素の一つで毒性は弱く、
通常は人間や家畜に対する
毒性が問題になることはあり
ませんが、穀物などでは
数mg/L以上になると発育が
阻害されるので、農業利水が
行われている水域では
注意が必要な項目です。
1mg/L以下
フッ素 ふっ素は種々の元素と結合
した形で広く存在し、原料用
(フロン、ふっ素樹脂、殺鼠剤
など)や金属洗浄剤などに
用いられます。慢性中毒として
は骨硬化などが挙げられます
が、低濃度であれば害はなく、
むしろ虫歯予防のため水道水
中にふっ素を添加する試みが
行われたこともあります。人為
的な供給源としては、アルミニ
ウム精錬業、ガラス製造業等
があげられます。
0.8mg/L以下
硝酸性窒素及び
亜硝酸性窒素
硝酸塩に含まれている窒素
のことで、水中ではそれぞれ
硝酸イオン、亜硝酸イオンとして
存在しています。亜硝酸態窒素
は、主にアンモニウム態窒素の
酸化によって生じますが、きわ
めて不安定な物質で、硝酸態
窒素やアンモニウム態窒素に
速やかに変化してしまいます。
硝酸態窒素は種々の窒素化合
物が酸化されて生じた最終生
成物で、自然の浄化機能の範
囲ではもっとも浄化が進んで
安定した状態といえますが、
富栄養化の直接原因となります。
硝酸態窒素はそれほど有害なも
のではありませんが、人体に
摂取された場合、メトヘモグ
ロビン血症などの障害を起
こすことも知られています。
10mg/L以下

要監視項目

 環境庁通知(平成5年3月8日環水管第21号)により、人の健康の保護に関する環境基準の要監視項目(人の健康に関連する物質であるが、公共用水域等における検出状況等からみて現時点では直ちに環境基準項目とはせず、引き続き知見の集積に努めるべきと判断されるもの)として、水質測定結果を評価する上での指針が示されている項目です。 

項    目 特          性 基準値
オキシン銅 銅殺菌剤で、リンゴやナシなどの
果樹や茶の病害に適用されるほか、
ゴルフ場でも使用されています。北
海道で、ゴルフ場から有機銅剤が
流出し、下流の養魚場で魚類が
死亡した事故例があります。

 
有機リン(EPN) 有機リン系殺虫剤で、公共用
水域における検出が過去20年間
にわたりみられないこと等の理由
により環境基準から削除され、
現在も生産・使用がなされている
EPNのみについて、要監視項目
として指針値が示されました。
指針値 0.006mg/L以下
フェノブカルブ 殺虫剤で、空中散布も行われ
ています。人体の中毒症状は
有機リン系農薬の毒性と類似し
ています。変異原性は認められ
ていませんが、動物の胃の中で
亜硝酸と反応してできる
BPMC-ニトロソ体は大腸菌で
変異原性ありとされており、
発ガン性も疑われています。

 
クロルニトロフェン 水田の初期除草剤として
多用され、河川水や水道水
から比較的高濃度で検出さ
れた例があるほか、底質や
魚介類への蓄積も認められ
ています。毒性は比較的
低いものですが、不純物
としてダイオキシン類などを
含むこと、および環境中で
より毒性の強いものに変化し
得ることなどから、農水省は
都道府県に使用自粛の
指導を求め、製造メーカー
も製品の回収と製造・販売
の自粛を決めています。

 

特殊項目

  生活環境に係る排水基準で指定されている項目のうち、健康項目ほどではないが有害性が認められ、かつ工場排水などに比較的普通に含まれている成分です。 


項    目 特          性 基準値
銅は、地表水はもとより地下水や動植物
の体内など自然界に広く分布しており、
生体必須元素の一つですが、連続して
大量に摂取すると慢性中毒を起こします。
銅による水質汚染が問題になった例と
しては、足尾銅山の廃水によって渡良
瀬川が汚染され、水稲の生育阻害など
の被害を生じたいわゆる足尾銅山鉱
毒事件があげられます。水中への
人為的な供給源としては、鉱山排水
の他に金属関係の工場排水や大気
粉塵からの溶出などがあります。
水道水質基準
1.0mg/L以下
亜鉛 亜鉛は自然界に比較的広く分布
する金属であり、生体必須元素の
一つで、欠乏すると様々な障害が
起こりますが、亜鉛による水質汚染
が人間の健康上問題になることは
ほとんどありません。ただし、植物や
微生物、魚類に対してはかなり強い
毒性があるので注意が必要です。
人為的供給源は、鉱山排水、金属
工場排水、大気粉塵などが主なも
のです。と定められています。
水道水質基準
1.0mg/L以下
溶解性鉄 鉄は、自然界において酸素、
ケイ素、アルミニウムについで多く
存在する物質で、流域の地質に
よっては自然水中にかなり多量に
含まれているので、水質調査では
普通、溶解性のものだけを問題に
します。通常の地表水では溶解性
鉄はきわめて少ないのですが、
地下水や有機汚濁の進んだ河川
や工場排水や鉱山排水が流入する
水域では、溶解性鉄を含むことが
珍しくありません。鉄は生物にとって
重要な栄養素の一つですが、鉄分
が多いと水に臭味や色をつけたり
します。

排水基準
(10mg/L)
飲料水質基準
(0.3mg/L)

溶解性マンガン マンガンは挙動が鉄と似ており、
鉄と同様の理由で溶解性のものだけ
が規制されています。マンガンもまた
生体必須元素の一つですが、毒性の
点では鉄よりも有害で、多量に摂取
すると神経症状を中心とする慢性
中毒を引き起こし、一時に大量を
摂取した場合は危険であるとされ
ています。マンガンによる障害は、
鉄と同様、臭味や着色などによるも
ので、水質基準値もやはり健康被害
の面よりも利水面から決められてい
ます。一般に、自然水中の溶解性
マンガンは0.1mg/L以下で、1mg/Lに
なると異常値とみなすことができます。
 

その他の項目

  人為的な汚染以外でも、流域の地質などによってしばしば高濃度に検出される項目や、特に規制基準はもうけられていないものの、一定の有害性が認められ、将来問題化する可能性のある項目です。 


項    目 特          性 基準値
塩化物イオン 塩素イオンは自然水中で分解されたり
沈澱したりすることなく水中にとどまって
いるので、廃水の混入や希釈度の指標
となります。淡水域で50~100mg/L以上
の塩素イオンが検出された場合は、なん
らかの汚染があったと考えられます。
汚染源としては、し尿、下水、工場排水、
海岸地帯では海水の混入が考えられま
す。塩素イオンは、それ自体は人体に
特に有害なものではありません。
水道水質基準
200mg/L以下
アンモニウム態窒素 水中にアンモニウム塩として含
まれている窒素のことで、主として
し尿や家庭下水中の有機物の分解や
工場排水に起因するもので、それらに
よる水質汚染の有力な指標となります。
アンモニウム態窒素は、富栄養化の
原因となるだけでなく、浄水処理に
おける塩素の消費量を増大させる
などの問題点も持っているため
通常の浄水処理の水源としては
0.1mg/L以下が望ましいとされています。

 

生活環境の保全に関する環境基準

河川(湖沼を除く)

項目
類型
利用目的
の適 応 性
基準値
該当水域
水素イオン
濃度(pH)
生物化学的酸素
要求量(BOD)
浮遊物
質量(SS)
揺存酸素
量(DO)
大腸菌
群数
AA
水道1級
自然環境
保全及び
A以下の
欄に掲げ
るもの
6.5以上
8.5以下
1mg/L以下
25mg/L以下
7.5mg/L以上
50MPN/
100mL以下
第1の2
の(2)に
より水域
類型ごと
に指定す
る水域
A
水道2級
水産1級
水浴及び
B以下の
欄に掲げ
るもの
6.5以上
8.5以下
2mg/L以下
25mg/L以下
7.5mg/L以上
1,000MPN/
100mL以下
B
水道3級
水産2級
及び C
以下の
欄に掲
げるもの
6.5以上
8.5以下
3mg/L以下
25mg/L以下
5mg/L以上
5,000MPN/
100mL以下
C
水産3級
工業用水
1級
及びD以
下の欄に
掲げるも
6.5以上
8.5以下
5mg/L以下
50mg/L以下
5mg/L以上
-
D
工業用水
2級
農業用水
及びEの
欄に掲
げるもの
6.0以上
8.5以下
8mg/L以下
100mg/L以下
2mg/L以上
-
E
工業用水
3級
環境保全
6.0以上
8.5以下
10mg/L以下
ごみ等の浮
遊が認めら
れないこと
2mg/L以上
-
測定方法

規格12.1に定
める方法又は
ガラス電極を
用い る水質自
動監視測定装
置によりこれと
同程 度の計測
結果 の得られ
る方法

規格21に定める
方法
付表8に掲げ
る方法
規格32に定
める方法又
は隔膜電極
を用いる水
質自動監視
測定装置に
よりこれと同
程度の計測
結果の得ら
れる方法
最格数によ
る定量法
×

備考
 1.基準値は、日間平均値とする(湖沼、海域もこれに準ずる)
 2.農業用利水点については、水素イオン濃度6.0以上7.5以下、
  溶存酸素量5mg/L以上とする(湖沼、もこれに準ずる)
 3.水質自動監視測定装置とは、当該項目について自動的に
  計測することができる装置であって、計測結果を自動的に
  記録する機能を有するもの又はその機能を有する機器と
  接続されているものをいう(湖沼、海域もこれに準ずる)
 4. 最確数による定量法とは、次のものをいう(湖沼、海域もこれに準ずる)
  試料10mL、1mL、0.1mL、0.01mL・・・・のように連続した4段階
  (試料量が0.1mL以下の場合は1mLに希釈して用いる)を
  5本ずつBGLB醗酵管に移植し、35~37℃、48±3時間
  培養する。ガス発生を認めたものを大腸菌群陽性管とし、
  各試料量における陽性管数を求め、これから100mL中の
  最確数を最確数表を用いて算出する。この際、試料は
  その最大量を移植したものの全部か又は大多数が
  大腸菌群陽性となるように、また最小量を移植したも
  のの全部か又は大多数が大腸菌群陰性となるように
  適当に希釈して用いる。なお、試料採取後、直ちに
  試験ができないときは、冷蔵して数時間以内に試験する。

(注)
 1 自然環境保全 :自然探勝等の環境保全
 2 水 道   1級 :ろ過等による簡易な浄水操作を行うもの
   〃    2級 :沈殿ろ過等にようる通常の浄水操作を行うもの
   〃    3級 :前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの
 3 水 産   1級 :ヤマメ、イワナ等貧腐水性水域の水産生物ならびに水産2級及び水産3級の水産
  生物用
   〃    2級 :サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用
   〃    3級 :コイ、フナ等、β-中腐水性水域の水産生物用
 4 工業用水 1級 :沈殿等による通常の浄水操作を行うもの
   〃    2級 :薬品注入等による高度の浄水操作を行うもの
   〃    3級 :特殊の浄水操作を行うもの
 5 環境保全 :国民の日常生活(沿岸の遊歩等を含む)において不快感を生じない限度
 

参考資料:水質調査の基礎知識「近畿技術事業所」(1994)  水産用水基準「社団法人 日本水産資源保護協会」(1995)

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 水質情報
  5. 情報提供資料 水質関連の用語解説