現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌河川事務所
  3. 札幌河川事務所
  4. 札幌河川事務所 事業の紹介
  5. 札幌河川事務所 管内河川マップ

札幌河川事務所 管内河川マップ

札幌河川事務所リンク

管内河川マップ

石狩川

石狩川
・北の歴史を支えてきた母なる大河

■流域面積…14,330平方キロメートル
■流路延長………268キロメートル

北海道の総面積の20%をしめる流域に全道人口のおよそ50%の人々が暮らす、北海道の母なる川石狩川。わが国においても信濃川、利根川に次ぐ長さを誇ります。その源は北海道の屋根大雪山連峰の石狩岳に発しており、当事務所では、豊平川合流点より下流区域を管轄しています。
  •  ・文学碑「石狩川」 ・文学碑「石狩川」


豊平川

豊平川
・札幌の街を育む都市河川

■流域面積…894.7平方キロメートル
■流路延長………72.5キロメートル

大都市札幌市の中心部を南北に縦貫する豊平川。180万人の人々のくらしを守るため、河川改修工事が続けられています。また、近年では高水敷(河川敷)を利用して、野球場、サッカー場、パークゴルフ場などが整備され、幅広く人々に親しまれています。
河川敷
・豊平川の「河川敷」

豊平川の河川敷はスポーツやイベントの場として広く市民に親しまれています。

茨戸川

茨戸川
・美しい河川敷と貯水機能を有して

■流域面積…159.5平方キロメートル
■流路延長……20キロメートル

伏篭・創成・発寒の3河川が合流する茨戸川は、貯水機能としての重要な役割を持っています。また、近年では、大学のサークルなどでカヌーなどにも有効利用されています。

当別川

当別川
・自然あふれる河川敷空間を次世代へ

■流域面積…348.3平方キロメートル
■流路延長……72.5キロメートル

泥炭地盤の中を蛇行しながら石狩川へ注ぐ支川です。高水敷(河川敷)を利用したスポーツ、レクリエーション施設の構想もあり、住民の期待は高まっています。

創成川

創成川
・かつては交通路だった人口水路

■流域面積…18.3平方キロメートル
■流路延長……14.8キロメートル

はじまりは、豊平川により取水し、人々の物資の運送などが目的でつくられた運河であった創成川。両岸には風物詩となっているポプラ並木が並び、水辺にはたくさんの人たちが釣りを楽しんでいます。

月寒川・望月寒川

望月寒川

望月寒川

・市街地を流れる静かな流れ

[月寒川]
■流域面積…49.6平方キロメートル
■流路延長……19.5キロメートル
 [望月寒川]
■流域面積…21.9平方キロメートル
■流路延長……18.9キロメートル

開発の進んだ住宅地を流れる両河川の法面は法枠工により安全度を確保し、護岸に覆土と植栽を行い親水性と景観を考えました。

厚別川・野津幌川

厚別川

厚別川

・かつての複雑な水路の面影を残して

[厚別川]
■流域面積…190.7平方キロメートル
■流路延長……41.7キロメートル
[野津幌川]
■流域面積…43.6平方キロメートル
■流路延長……13.4キロメートル

改修が進められる中で今日においても自然の力が感じられる両河川はやがて一本の川になり、豊平川へと注いでいます。

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 札幌河川事務所
  3. 札幌河川事務所
  4. 札幌河川事務所 事業の紹介
  5. 札幌河川事務所 管内河川マップ