現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 第5回協議会開催概要

第5回協議会開催概要

第5回(平成16年11月18日)

  • 釧路湿原自然再生協議会

第5回協議会開催概要

「第5回釧路湿原自然再生協議会」が平成16年11月18日(木曜日)に釧路市観光国際交流センターで開催されました。参加者数は現構成員 104名(個人45名、団体33団体、オブザーバー15団体、関係行政機関11機関)のうち54名(個人17名、団体24団体、オブザーバー 3団体、関係行政機関10機関)、新規構成員22名(個人18名、団体 4団体)のうち17名(個人17名、団体 4団体)、計71名で、その他一般の方も多数参加されました。

会議は前後半に分かれ、前半は、協議会の収支報告、小委員会開催概要(旧川復元、土砂流入、再生普及)について、事務局からの報告に引き続き、全体構想(案)の記載内容について討議されました。

全体構想(案)の討議では、全体構想作成グループで検討した全体構想(案)が提示され、第1章から第6章のそれぞれについて、変更案が具体的に検討されました。検討の結果、全体構想作成グループや事務局で再度検討すべき事項を除き、全体構想(案)は、概ね協議会の了承が得られました。

今後は、12月上旬にパブリックコメントを行ない、全体構想(案)について、広く地域の意見を反映させていくことが確認されました。

以上で、平成15年度に設立された協議会は任期(1年)を満了し、辻井会長の挨拶をいただき閉会されました。

引き続き、平成16年度から新たに参加される皆さんを加え、平成16年度の協議会運営について、会長及び会長代理の選出や今後の予定について討議されました。会長及び会長代理は、これまでの協議会の検討経緯を把握し、今後も円滑な会議運営を望むという声が多く、会長には辻井達一委員(財団法人北海道環境財団理事長)、会長代理には中村太士委員(北海道大学大学院農学科教授)が推薦され了承されました。
  • 第5回協議会開催概要
  • 第5回協議会開催概要

ほかの回の協議会ページへ移動

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 第5回協議会開催概要