現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 「ほっかいどう学」の展開

「ほっかいどう学」の展開

「ほっかいどう学」の展開

 平成28年3月、「世界の北海道」をキャッチフレーズとする新たな北海道総合開発計画が閣議決定されました。同計画では、本格的な人口減少時代にあっては、自ら考え地域づくりに取り組む地域の担い手を育成、確保することが重要であるとされ、地域に関する理解と愛着を深めるために「ほっかいどう学」を促進することが盛り込まれました。

「ほっかいどう学」とは、子どもから大人まで、より多くの人々が地域づくりに関心を持つ契機を創出するため、地理、歴史、文化、産業等の北海道の魅力や個性について幅広く学ぶ取組のことです。

北海道開発局では、今後、関係機関等とも連携を図りながら、国民・道民が分かりやすく学ぶことができる「ほっかいどう学」の展開に向けて取り組んでまいります。

新たな北海道総合開発計画に関するシンポジウム ~「ほっかいどう学」の展開に向けて~

 平成29年3月21日(火曜日)、有識者の方々による基調講演及びパネルディスカッションを通じて、「ほっかいどう学」の更なる推進を図り、地域づくり人材の発掘・育成に資することを目的として、「新たな北海道総合開発計画に関するシンポジウム~『ほっかいどう学』の展開に向けて~」を開催しました。

議事概要及び議事録

事務局説明 「新たな北海道総合開発計画に位置付けられた『ほっかいどう学』の概要等について」

基調講演1 「北海道をつくった技術者たちの“ノブレス・オブリージュ”」

・北室かず子様 提出資料

基調講演2 「ほっかいどう学のすすめ」

・新保 元康様 提出資料

パネルディスカッション 「ほっかいどう学の展開に向けて」

・北室かず子様 提出資料
・今 尚之様 提出資料

お問合せ先

開発監理部 開発計画課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5468)
  • ファクシミリ:011-726-2352

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 開発計画課
  3. 「ほっかいどう学」の展開