現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 魅力体験!いぶり・ひだかの観光情報
  4. 観光体験記

観光体験記

室蘭開発建設部の職員が、胆振・日高の観光スポットを訪れたり、イベントに参加した体験記をご紹介します。読めばあなたの観光にもきっと役立つはず!!
!各体験記の内容・情報は、変更になっている場合があります。

胆振の観光体験

登別市若山町の住宅地その中に東京ドームより小さな湿原が存在します。地域の人々の努力で残された小さな大自然。貴重な動植物が存在し守られています。その魅力をご紹介します。

近年、豪華客船の入港や海外から北海道へ飛行機の直行便就航などで、外国人観光客が多くなりました。街の中でも多く見かけます。そんな中で、ちょっとした外国人観光客とのコミュニケーション体験をご紹介します。 
登別温泉にある無料の天然足湯を体験してきました。大自然の中でゆったりと浸かると、心も身体もリフレッシュ。 その魅力をご紹介します。 
明治から昭和にかけて、北海道を拠点に教会の伝道活動とともに、アイヌ民族への人道支援や教育等に尽力したイギリス人のジョン・バチラー氏。伊達市有珠町には、バチラー夫妻を記念し、昭和12年に建築された教会堂があり、バチラー夫妻とその養女であるバチラー八重子女史の貴重な資料が展示されています。偶然にも教会堂へ入る機会がありましたので、その時受けたお話と、調べたことを体験記にまとめましたのでご紹介します。
白鳥大橋のライトアップや工場夜景で有名な室蘭夜景を船上から楽しむナイトクルージングを体験してきました。その魅力をご紹介します。
 秘境駅として知られたJR小幌駅周辺や下の海岸には多くの自然が残されています。平成26年5月初め、2年ぶりの小幌海岸探索会に参加したので、その魅力をご紹介します。
平成25年~26年の冬にかけて撮影した、白鳥大橋や工場夜景、月明かりで撮影した室蘭八景の奇岩の写真で室蘭の夜間撮影の魅力をご紹介します。 
平成25年9月、「室蘭市民クルーズ」として企画された、豪華客船「飛鳥2」で行く室蘭発~仙台~横浜のクルーズ体験を体験者から提供された多くの写真でご紹介します。
平成25年の6月と9月、オロフレ山に登山してきました。登った人はそれぞれ別な人ですが、2人の合作として、登山のポイントなどをご紹介します。来シーズンの登山の参考になればと思います。
  平成25年10月6日 秋のウトナイ湖で渡り鳥の観察と撮影をしてきました。この時期のウトナイ湖は様々な水鳥の休憩地となっています。
平成25年9月14日 室蘭夜景見学バス「キラりん号」に乗車してきました。室蘭の魅力的夜景スポットを紹介します。
たまにぶらりと街を歩いていると、自分の住んでいる街の観光地に思わぬ発見をしたことはありませんか?今回は、春の地球岬とその近くの緑地散策路を歩いてきました。
胆振地方には、縄文遺跡や博物館など縄文時代を知ることができるスポットが数多くあります。縄文時代は、私たちが思っている以上に豊かな文化があったと言われています。そうした豊かな時代に触れる旅のレポートです。
現在の北海道発展には、先人の苦労がありました。そして、先人の苦労を偲ぶ数多くの観光スポットがあります。そうした北海道開拓の歴史に触れる旅をご紹介します。
「世界ジオパーク」に登録された「洞爺湖有珠山ジオパーク」。世界的にも注目されるこの地域には、洞爺湖とその周辺の美しい自然、噴火を繰り返す有珠山など、何回訪れても飽きないスポットがたくさんあります。そうしたスポットをご紹介します。

日高の観光体験

新冠町はピーマンの生産量が道内一位。道の駅にはピーマンを使った異色のソフトクリームがあります。
その美味しさに惚れ込んだ体験記です。
平成26年5月末、新冠町観光協会主催の「判官館 大ウォーキング」に参加しました。新冠町~平取町に残る「九郎判官義経」こと源 義経伝説。新緑の心地よい自然と、義経伝説に思いをはせる魅力をご紹介します。
日高町日高地域には、あまり知られていない観光スポット「ひだから」がたくさんあります。そこに行くと安らぎを感じたり、「へぇー」と感心したりするスポットがあるのです。その「ひだから」を感じていただくレポートです。
日高地方を南北に流れる沙流川に沿うように走っている国道237号は「沙流ユーカラ街道」という愛称が付けられています。そして、沿道にはアイヌ文化や豊かな自然とふれあえる様々なスポットがあります。そうしたスポットの一部を紹介するレポートです。
日高町にある門別競馬場では、競馬のほか、地域の「食」など、いろいろな楽しさを感じることができる仕掛けがいっぱいあります。そうした楽しさをご紹介するレポートです。
「アポイ岳ジオパーク」は、様似町の自然や歴史、文化を丸ごと学び楽しむために作られた大地の公園です。そして、アポイ岳には貴重な高山植物が数多くあります。このアポイ岳を登り、自然を満喫するレポートです。

イベント体験

2017年

平成29年1月7日(土曜日)~10日(火曜日)の期間、NHK室蘭放送局において、むかわの恐竜や古代生物の化石の発掘展が開催されたので行ってきました。

2014年

昨年に引続き、北海道胆振総合振興局が主催する、第2回「きて!みて!さわって!三大遺産」が、平成26年11月22日(土曜日)に室蘭栄高校体育館で開催されたので行ってきました。

2013年

平成25年11月23日(土曜日)室蘭市栄高校体育館で、胆振総合振興局、日高振興局などが開催した、アイヌ文化、洞爺湖有珠ジオパーク、縄文遺跡群を、胆振の三大遺産として紹介するイベントへ行ってきました。
平成25年7月25日室蘭港中央埠頭沖で開催された「むろらん港鉄人舟漕ぎ大会」に「室蘭開発建設部農業開発課漁業部プラス」、「おやじドットこぐPart2」の2チームが」出場し、港に親しむ楽しい一日を過ごしました。
平成25年6月23日安平町の瑞穂ダムで、春の植樹会が開催され、当建設部の農業開発課、土地改良情報対策官、胆振東部農業開発事業所から5名が参加しました。 

2012年

広さ日本一を誇る平取町の「芽生(めむ) すずらん群生地」。可憐な白い花が満開となるこの時期限定のすずらん観賞会に行ってきました。
豊浦町にある秘境駅、回国僧「円空」が観音像を彫った洞窟、大昔の火山活動跡などを、火山マイスターや植物・ 鳥類研究家の方々とともに楽しくめぐる探索会をレポートします。

2011年

2011年9月30日~10月1日に行われた「第2回日本ジオパーク大会 洞爺湖有珠山大会」の様子をお伝えします。
伊達市の夏の一大イベント「伊達武者まつり」。伊達家騎馬武者の凱旋を再現した「騎馬総陣立て」など、勇壮で絢爛なお祭りをご紹介します。
登別市・地獄谷に昔から棲む鬼「湯鬼神」。湯鬼神が打ち上げる美しい花火で地獄谷は幻想的な光景になります。観光客にも人気のイベントをレポートします。
伊達市「有珠海水浴場」に夏の到来を告げるおまつり「有珠磯まつり」。「海の幸」も味わうこともできるお祭りの体験レポートです。
とうや湖牛を始めとする洞爺湖町の味覚を味わうことができる「洞爺産業まつり」。「もちまき」ならぬ「野菜まき」という楽しいコーナーもあるお祭りの体験レポートです。
豊浦町の味覚の代表である「いちご」と「豚肉」を存分に味わうことができるイベントである「いちご豚肉まつり」の体験レポートです。
白老町の味覚を代表する「白老牛」。その白老牛を堪能できるビッグイベントが「白老牛肉まつり」です。読んだ皆さんにもお腹いっぱいになっていただくレポートです。

2010年

地域の魅力を道で繋ぎながら様々な取り組みを行っている「シーニックバイウェイ・支笏洞爺ニセコルート」。冬には、夜をキャンドルで彩る「シーニックナイト」というイベントが行われています。幻想的な世界が生み出すステキなひとときを紹介するイベントです。

MENU

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 地域振興対策官
  3. 魅力体験!いぶり・ひだかの観光情報
  4. 観光体験記