現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 築港課
  3. みなとのしごと | 港湾の紹介—石狩湾新港—

みなとのしごと | 港湾の紹介—石狩湾新港—

重要港湾 石狩湾新港

 石狩湾新港は、札幌市を中心とする道央圏の物流・産業拠点として重要な役割を担っています。 また、北方圏諸国やアジア諸国に対して海上交通のアクセスに優れ、交流拠点としても期待されています。
 石狩湾新港は世界と日本を結ぶ物流ネットワークの拠点として、整備を進めており、平成26年には開港20周年を迎え、更なる発展が期待されています。
石狩湾新港
石狩湾新港
石狩湾新港
石狩湾新港
石狩湾新港

 石狩湾新港の主な輸入品は、木材チップなどの林産品、石油製品、LNG(液化天然ガス)などの化学工業品などで、タイ、オーストラリア、韓国、ロシア、中国など世界各国から輸入しています。道内基幹産業である製紙業の原料となる木材チップについては、平成18年に供用した西地区国際物流ターミナル(水深14メートル岸壁)で取り扱っています。また、平成24年11月には日本最大級の地上式のLNGタンクが完成し、道内各都市へ供給されるLNGをロシア等から受け入れています。
 主な移入品は石油製品、セメントなどの化学工業品、砂利・砂などの鉱産品が占めています。移入品の中でも大部分を占める石油製品は、道央圏を中心とした背後圏の家庭で消費される燃料となっており、安定供給のため、札幌の中心部から19キロメートルという利便性の良さからの施設の拡充が期待されているほか、セメントや砂利・砂等は、公共事業などで使用されるコンクリート材料となっており、石狩湾新港は公共事業、地域生活を物流の面から支えています。

 主な輸出品は、金属くずや再利用資材(リサイクル関連品)などの特殊品が多く、移出品はLNG(液化天然ガス)や鋼材が主な品目となっています。

 平成9年7月からは韓国の釜山港との間に、定期コンテナ航路が開設し、平成27年4月からは韓国釜山(プサン)航路が中国東北部の連雲(レンウン)、青島(チンタオ)、天津(テンシン)の3港まで延伸されています。同年11月には新航路が追加され週3便体制となり、外貿貨物の取扱量が順調に伸びています。
 平成15年4月には、静脈物流拠点港(リサイクルポート)に指定、港湾物流特区の認定を受けて、リサイクル拠点港として、今後の発展が期待されています。
  • information
 石狩湾新港管理組合のホームページにも関連内容が紹介されています。

お問合せ先

築港課

  • 住所:小樽市潮見台1丁目15番5号
  • 電話番号:0134-23-5214(代表)

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 築港課
  3. みなとのしごと | 港湾の紹介—石狩湾新港—