現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 施設整備課
  3. トンネル内ラジオ再放送設備

トンネル内ラジオ再放送設備

トンネル内ラジオ再放送設備

■トンネル内ラジオ再放送設備

概要

 万一の災害などが発生したとき、先行している車両のドライバーが情報を得る手段は、 大多数の車に搭載され、大部分の地域で聴くことが出来る「ラジオ」が最適です。しかし、通常のトンネル内では放送電波がシールドされ、ラジオ放送は全く聴くことが出来ません。そこで、トンネル外に受信アンテナ、受信装置、再送信装置を設置し、トンネル内に敷設した誘導線で放送局と同じ電波を再放送する事としました。
 つまり、ラジオ再放送設備とは、トンネル内でラジオを聞こえるようにしたもので、緊急時には割り込み放送が可能な構成 ※1 になっており、トンネル内に停止した車両又は、トンネル内通行中の車両に各種情報提供が可能となっております。

※1 一部のトンネルを除く


管内設備

      函館開発建設部管内のラジオ再放送設備は次のとおりです。
 

国 道 名 トンネル名  ラジオ周波数
国道5号   大沼トンネル(上り)   639kHz   675kHz   900kHz  1467kHz
 大沼トンネル(下り)  639kHz   675kHz   900kHz  1467kHz
 湯の崎トンネル  639kHZ   675kHz   864kHz   900kHz
 945kHz   1125kHz  1440kHz  1467kHz
 国道227号  中山トンネル  639kHz   675kHz   900kHz  1467kHz
 国道228号  小砂子トンネル  774kHz   882kHz   1269kHz
 国道229号  茂津多トンネル  1098kHz  1161kHz
 新美谷トンネル  1098kHz  1161kHz
 虻羅トンネル  1098kHz  1161kHz
 桧山トンネル  792kHz   882kHz  1269kHz  1359kHz
 豊浜トンネル  882kHz   1026kHz  1269kHz  1359kHz
 国道230号  花石トンネル  882kHz   1098kHz  1161kHZ  1539kHz
 国道278号  日浦トンネル  639kHz   675kHz   900kHz
 サンタロトンネル  639kHz   675kHz   900kHz
 銚子トンネル  864kHz   945kHz   1125kHz  1440kHz
 滝の沢トンネル  864kHz   945kHz   1125kHz  1440kHz

 ※現在、国道278号日浦トンネル及びサンタロトンネルにおいて、設備不良のためラジオが聞こえない状況となっております。

  • トンネル

お問合せ先

施設整備課

  • 住所:函館市大川町1番27号
  • 電話番号:0138-42-7598

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 施設整備課
  3. トンネル内ラジオ再放送設備